スパイダーマン新アニメ製作へ、実写版の世界とは完全に独立した作品。

写真拡大

ソニー・ピクチャーズが、「スパイダーマン」の新作アニメ映画を製作すると発表した。

キャラクターとしてのスパイダーマンと実写版映画「スパイダーマン:ホームカミング」の権利を、マーベル、ウォルト・ディズニー・カンパニーと共有している同社が本作を製作する。

このアニメ版の監督には、2009年の「モンスターVSエイリアン」、2004年の「シュレック2」、ディズニー映画「ムーラン」などへの参加で知られるボブ・パーシケッティが就任。本作で監督デビューを果たすという。

「21ジャンプストリート」や「LEGO(r) ムービー」「くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密」などでおなじみのフィル・ロードとクリス・ミラーのコンビも脚本家兼プロデューサーとして本作に携わるほか、マーベルのアヴィ・アラッドCCO、モーション・ピクチャーズのエイミー・パスカルも製作陣に名を連ねている。

ソニーはこのアニメ版「スパイダーマン」が「スパイダーマン:ホームカミング」とは全く関係のない作品になるとしており、「(このアニメ映画は)実写版スパイダーマンの世界からは独立した作品となります」と発表しているが、そのストーリー詳細については明かされていない。

正式タイトルも決定しておらず、公開日は2018年以降になるとみられている。