21日、「最も歓迎される10大女神」ランキングで、中国の女優チャオ・リーインが1位に。少女時代のユナをはじめ韓国勢も強さを見せている。写真はチャオ・リーイン。

写真拡大

2016年6月21日、「最も歓迎される10大女神」ランキングで、中国の女優チャオ・リーイン(趙麗穎)が1位に。少女時代のユナをはじめ韓国勢も強さを見せている。深セン新聞網が伝えた。

【その他の写真】

「最も歓迎される10大女神」ランキングで堂々トップになったのは、975万8988票を集めた女優のチャオ・リーイン。06年にオーディションをきっかけにデビューし、数々の時代劇に出演した後に13年のドラマ「後宮の涙」でブレーク。時代劇で有名になったが、現代劇の「お昼12時のシンデレラ」でこれまでと違った魅力を見せた。

2位に選ばれた中国の女優ヤン・ミー(楊冪)は975万8443票を獲得し、トップとほぼ横並び状態に。子役から活動し、中国の「新・若手4大女優」の1人に数えられる。

3位は韓国の人気グループ・少女時代のユナ。昨年は初めて中国ドラマに挑戦し、時代劇「武神趙子龍」に出演した。

4位は中国の女優タン・イェン(唐嫣)。チャン・イーモウ(張芸謀)監督に見出され、04年のアテネ五輪閉会式では、次の北京へとつなぐパフォーマンスに出演。その後はアイドル女優として活躍している。

5位は中国の女優リウ・シーシー(劉詩詩)。04年にデビューし、11年のドラマ「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」でブレーク。同作で共演した台湾の俳優ニッキー・ウー(呉奇隆)と昨年入籍し、今年3月にバリ島で挙式した。

6位は少女時代のテヨン、7位は台湾の女性タレントで韓国に進出したエマ・ウー(呉映潔)、8位と9位は韓国の女優ソン・ジヒョとパク・シネ、10位は中国の女優リウ・イーフェイ(劉亦菲)となっている。(翻訳・編集/Mathilda)