22日、中国の広西チワン族自治区玉林市で毎年行われている「犬肉祭」に、賛否両論が飛び交っている。中国外交部の報道官は定例記者会見で「犬肉を食べる祭りは存在しない」と述べた。写真は犬肉祭。

写真拡大

2016年6月22日、中国の広西チワン族自治区玉林市で毎年行われている「犬肉祭」に、賛否両論が飛び交っている。

玉林市では、毎年この時期にライチと犬肉を食べるイベントが行われるが、動物愛護団体を中心に、世界各国から批判の声が上がっている。21日の中国外交部の定例記者会見でも、記者から「毎年、玉林市で開かれる『犬肉祭』に、国際社会からさまざまな見方があり、一部の動物保護団体はすぐにやめるよう求めている。中国政府は『犬肉祭』を支持するのか」との質問が出た。

これに対して、外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、「これは外交問題ではない」としながらも、「地方政府によると、旧暦の夏至の日にライチと犬肉を食べることは、玉林市民の一種の飲食行為で、個人の嗜好によるもの。犬肉を食べる祭りは存在しない。玉林の現地政府もいわゆる『犬肉祭』を支持したり、企画したり、行ったことはない」と述べた。

また、先日の調査で6割以上の中国人が「犬肉祭は取り締まるべきだ」と回答したと報じられたが、ネットでは「正常な人は4割の方だと思う」「動物保護を叫ぶなら、豚や鶏、牛、ヒツジ、魚なども同じ扱いにすべき」「問題は犬が盗まれることだろう」「私は犬肉を食べることに支持も反対もしない。違法じゃないし、ほかの動物の肉を食べることと変わらない。ただし、ペットの犬を盗んで来て食べるのには絶対反対」など、犬食自体は問題視しないという意見が多数を占めている。(翻訳・編集/北田)