中高生の71%が夏に友人の汗臭さが気になる。マクロミル調べ。

写真拡大 (全10枚)


毎年のように話題となる、学校へのエアコン設置問題。ここ最近では、 2014年千葉市議会での小中学校への設置不採択や、 2015年埼玉県所沢市における住民投票は話題にった。学校教室にエアコンは本当に要らないのか? 夏の学校生活は過酷なのか? 全国の中高生に調査し、実態を探ってみた。

調査は全国の12〜18歳の中学生・高校生の男女を対象に実施。調査期間は2016年6月9日(木)〜6月15日(水)。有効回答数は600人。

【1】エアコンの教室設置率は中学校で59%、高校で80%。職員室の設置率は中学高校共に80%超え。

普段、授業を受けている教室にエアコン(クーラー)が設置してあるかを尋ねたところ、「ある」と回答した割合は、中学生で59%、高校生で80%の結果だった。また、中学校では設置率の地域差が大きく、関東地方(81%)、近畿地方(66%)以外の地域では、教室にエアコンを設置しているとの回答は半数以下の結果だった。





なお、職員室へのエアコン設置率は、中学生で81%、高校生で82%といずれも教室における設置率より高い結果となった。

【2】夏の学校生活、 74%が「自分の汗臭さ・体臭」が気になったことあり。友人からも『くさい』と思われている可能性は高い!?一方で、におい対策は難しい側面も。

夏の学校生活における困りごとを聞いたところ、中高生全体で1位「制服が暑い」52%、 2位「暑くてぼーっとしてしまう」47%、 3位「自分の汗のにおいが気になる」45%だった。



「汗のにおい」に関しては、「自分の汗臭さや体臭」が気になった経験のある人は74%にのぼることも分かった。また、「友人のにおい」が気になったことのある人も多く71%にのぼる。友人から「くさいな・・・」と思われている可能性は意外と高そうだ。



なお、「友人(男子)の汗臭さ・体臭等のにおい」が気になったことがあると回答した人は67%、「友人(女子)の汗臭さ・体臭などのにおい」が気になったことがあると回答した人は42%だった。男子生徒の方が女子生徒よりも、友人から「におい」を気にされている割合は高い結果だった。



また、学校生活の中でどんなにおい対策をしているか聞いたところ、高校生と中学生では回答に差が出た。高校生は1位「市販の汗ふき取りシートを使用する」49%、 2位「制汗剤を使用する」40%と市販のにおい対策グッズを使用するといった回答が多かった一方、中学生は1位「こまめに汗を拭く」33%、 2位「におい対策は何もしない」31%という結果に。これは学校での使用が認められているかいないかの差であると考えられる(高校生では汗ふきシート76%、制汗剤72%が使用を認められていると回答。中学生ではそれぞれ49%、 38%と低い結果だった)。





【3】学校に改善求む!最多の声は「エアコンの設置、活用」。「服装規定の緩和」を希望する声も。

夏の学校生活をより快適に過ごすために学校に改善してほしいと思うことを自由回答で聞いた。その結果、中学生・高校生共にもっとも多かった声は「エアコン・扇風機の設置・活用」(中学生163名・57%、高校生141名・47%が回答)となりました。中学生は「エアコンの設置」を、高校生は「エアコンの使用条件の緩和」を求める声が特に目立った。

次いで多かったのは、中高生共に「服装規定の緩和」だった。「制服をより涼しい素材にしてほしい」、「夏場の体操着・ジャージ着用を認めてほしい」等の声が多く見られた。

また、高校生では「授業中の水分補給の許可」を、中学生では「体育館の環境改善」と「制汗剤の使用許可」を求める声も複数見られた。



■リリース詳細

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・ローランド、ビンテージモデル2機種を再現したギター用エフェクターを発売
・DMM.make AKIBA発のスタートアップ企業no new folkのスマートフットウェア「Orphe」が発売に
・20〜30代の女性約6割が父の日にプレゼントを渡すと回答。コミックシーモア調べ
・47%が「女子力男子」と知り合いであることが判明!「〇〇男子」の実態は?マクロミル調べ
・明治座で日本の伝統芸能とアニメを融合させたミュージカル「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」を上演