北海道の光が表現されている

写真拡大

JRタワーホテル日航札幌は、「北海道の魅力を演出するやすらぎと感動のホテル」を目指した取り組みの一環として、8月31日(水)までの期間、同ホテル内の「TOWER'S GALLERY」にて、鎌田光彦(かまだみつひこ)写真展「〜NEWPHOTOGRAPHY〜 新・北海道風景」を開催中だ。

【写真を見る】日本画のような卓越した質感

JRタワーホテル日航札幌は、北の玄関口・JR札幌駅直結というアクセス良さと、北海道で1番の高層タワーからの美しい眺望で人気のホテル。「TOWER'S GALLERY」は、2013年同ホテルの開業10周年を記念してスタートした企画で、北海道のアートシーンを代表するアーティストの作品をロビーに展示し、ゲストに北海道の魅力を発信する試みだ。

今回写真展示される鎌田光彦氏は、アマチュアながらスミソニアン国立自然史博物館での2度の年間展示や、世界二大自然フォトコンテスト「Nature's Best Photography 日本部門」において、2012年度および2014年度の「準グランプリ」を受賞するなど、国内外から高く評価されている。

夏の北海道旅行のスタートイベントに最適な、北の魅力を堪能できる写真展だ。【北海道ウォーカー】