導入店舗は「サイン」が目印

写真拡大

日本マクドナルドは、無料の店舗内Wi-Fi接続サービス「マクドナルドFREE Wi-Fi」を2016年6月20日から導入を始めた。

店舗への来店客に対し、より良い「店舗体験」を提供するため、東京都内約150店舗でサービスを開始し、7月末にかけ全国の約1500店舗に順次導入する予定だといい、利用可能な店舗はサインを掲示する。

店内でSSIDを選びブラウザーアプリを起動。ログイン画面の利用規約を確認後「同意する」をタップ。ユーザー自身のEメールアドレスか、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「Facebook」「Twitter」「Yahoo! Japan」「Google+」いずれかのアカウントでログインすれば利用できる。

対応言語は、当初は日本語・英語のみだが、今後は中国語や韓国語など計5か国語を予定している。