男性に聞いた! 職場恋愛のアプローチ法4つ

写真拡大

終わったあとの対処も難しいですが、「始め方」も同じくらい難しいのが職場恋愛。もしも相手に振られてしまった場合、ダメージが深そうで怖いですよね。そこで社会人男性に職場で気になる女性がいたら、どのようにアプローチをしているのかを聞いてみました。

■まずはSNSで少しずつ距離を縮める

・「その女性のSNSを教えてもらって、やり取りを続けるようにする」(28歳/情報・IT/技術職)

・「メールでやり取りできる環境を少しずつ作る。◯◯の件、ちゃんと進んでいる?などと気にかけてあげながら」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「LINEを聞いて仲良くなる」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

2人の心理的な距離を縮めようと思っても、職場だけではさすがに限界が……。そこで男性が仲良くなるために選ぶのが「SNSを使う」という方法なのだそう。職場の男性からSNSを使っているかどうか聞かれたら、もしかしたら脈アリの可能性もありそうです。

■ご飯に誘ってみる

・「帰りにご飯行きません?と普通に誘います。まずは下心無し」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「食の話題を持ち掛け、一緒に行く機会を探る」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「まずは職場で2人きりになる機会をまち、食事に誘う」(33歳/学校・教育関連/専門職)

職場の人と自然に仲良くなれる、きっかけを作ってくれるのが食事。たとえ下心アリの誘いでも職場の相手なら気付かれにくいため、男性は女性と仲良くなりたいときによく使うとか。食事によく誘ってくれる職場男性がいるなら、恋愛対象として見られているかも?

■話す時間を増やす

・「仕事の話から、雑談を上手いこと持っていく」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「仕事以外の話題を多くする。ちょっとした用事でも席まで行く」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)

職場内でできるコミュニケーションが、やっぱり会話。職場で長々と雑談する訳にはいきませんが、短時間でも回数を重ねれば少しずつ距離を縮められそうですよね。気になっている職場男性から話しかけられたら、仲良くなるチャンスかもしれません。

■複数の人間を巻き込んでアプローチ

・「まずは複数で飲みに行き、程よいタイミングでデートを誘ってみる」(32歳/通信/技術職)

・「同僚を巻き込んで飲み会の頻度を増やして少しずつ接近する」(29歳/医療・福祉/専門職)

気の置けない職場仲間がいる場合は、大勢の力を借りてアプローチをすることもあるとか。1対1での食事に誘うには、あまり接点がないような相手を好きになってしまった場合に使えそうですね。職場に気になる男性がいる場合も、この方法が使えそう。

職場恋愛が失恋に終わったときは、ダメージが深いもの。そのため職場に気になる女性がいる場合、慎重にアプローチをする男性は多いよう。ちょっとずつ距離を縮めてくる男性が職場にいるなら、もしかすると脈アリの可能性大かもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳〜39歳の社会人男性)