中国農業部はこのほど、じゃがいも主食製品の開発において、コストや政策支援などの問題の解決が待たれると報告した。

写真拡大

中国農業部(省)はこのほど、じゃがいも主食製品の開発において、コストや政策支援などの問題の解決が待たれると報告した。昨年1月にじゃがいも主食化戦略がスタートしてから現在までに、中国のじゃがいも主食製品は150種以上に達している。2020年には、中国の5割以上のじゃがいもが主食として消費される見通しだ。中国放送網が伝えた。

中国農業部の余欣栄副部長は、「主食に加工できるじゃがいもの専用品種が少なく、製品の品質検査基準が不足している。主食に加工するための原材料コストが高く、政策支援が依然として十分でない」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)