21日、環球時報によると、中国外交部は20日、ロシアのプーチン大統領が25日に中国を公式訪問すると発表した。写真はモスクワのクレムリン。

写真拡大

2016年6月21日、環球時報によると、中国外交部は20日、ロシアのプーチン大統領が25日に中国を公式訪問すると発表した。

同大統領の訪中に関し、外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は「両首脳はさまざまな政治文書に署名し、これらを発表する」と表明。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは消息筋の話として「両国は30項目に上る貿易協定を結ぶ」「数十億ドル規模の中ロ高速鉄道プロジェクトも合意に達する可能性がある」と報じた。

また、ロシア紙ニェザヴィーシマヤ・ガゼータは「両首脳が署名する文書には、プーチン大統領が掲げる『大ユーラシア』構想に関連するものが含まれる可能性が極めて高い」と指摘。同構想はロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、キルギスで構成されるユーラシア経済連合に中国、インド、パキスタン、イランなどを加えた経済貿易パートナーシップで、香港紙は「ロシアは同構想にアジアの主要国を巻き込みたい考えであるとともに、これを機に欧州連合(EU)との関係修復を図る狙いもある」と伝えている。(翻訳・編集/野谷)