デート気分でジム通い!実は女子向き「筋トレ」でしなやかボディに

写真拡大

もうすぐ夏! 今年は彼氏と海に行きたい! でも水着に自信がない……。

そんな時、誰もが考える“ダイエット”。でも安易に食事制限に走るのは、とんでもない回り道になるかもしれません!

計画的な筋力トレーニングをプラスして、今年こそ“太りにくい体”を目指しませんか?

■今年は脱・食事制限だけのダイエット!

ダイエットを考えた時、まず食事制限に走る人が少なくないですよね。確かに手っ取り早く手掛けられ、かつ、それまでカロリー過多気味だった人は効果がすぐに表れやすいかもしれません。

ですが、食事制限だけのダイエットはデメリットも多いもの。

ボディビルダーである著者がカッコよく美しい体を目指す人へ、ダイエットならぬ“除脂肪”の方法を紹介している『リバウンド知らずの“脂肪撃退”マニュアル 除脂肪メソッド』(ベースボール・マガジン社)。

同書はこう警鐘を鳴らします。

<食事だけで完全に除脂肪(ダイエット)を行う場合は(中略)筋肉を保つために必要なエネルギーも取れなくなってしまうので、次第に筋肉が失われていくというリスクがあります。>

筋肉? 別に無くてもいい、脂肪が無くなる方が重要! 女性ならそう考える人もいるかもしれません。だけどそれは大きな間違い。

<筋肉量が少なくなれば代謝も悪くなり、痩せにくい、太りやすい体質になってしまいます。>

痩せにくく太りやすいなんて、最もなりたくない体! さらにこんなことも……。

<(脂肪も筋肉も落ちると)全体的に体がしぼんだような印象になってしまうのです。筋肉が作るボディラインのメリハリも当然失われます。(中略)なりたい体のイメージとは違うはずです。>

やはり美しいボディラインにしなやかな筋肉は不可欠なよう。でも一口に筋トレと言っても、一体何をすればいいのでしょう?

■ムキムキボディになっちゃうの!? 女子が抱きやすい“筋トレ”への誤解

現代では家で気軽にできる筋トレグッズが数多く販売されています。だけど家で小型のダンベルを自己流で使うよりも、やはりジムに通う方が効率的。

トレーニングジムには腕、肩、背中、腹筋、脚……など、細かく部位を分けて鍛えるマシンが揃っていますし、何よりその道に通じたインストラクターのアドバイスを得られるのは大きなメリット。

「ジムで本格的に筋トレなんてしたら、ムキムキになっちゃう!」という心配も無用。先述の著書にはこんなことも

<女性であれば『マッチョになりたくない』と考える人も多いでしょう。せっかくなので、ここではっきりさせておきます。死ぬほど一生懸命トレーニングしても、女性はまずマッチョにはなれません。>

筋トレ、というとハードワークを浮かべてしまい、女子ボディビルダーのような体になっちゃうの!? と思ってしまうかもしれませんが、そんな心配は無用なようです。

ムキムキを懸念する女子には、さらに安心するような記述も。

<筋肉1キロをつけるのは一年頑張っても大変だが、脂肪1キロは数日で落とすことができる>

計画的に筋トレに励めば、適度な筋肉をつけつつ、それ以上のスピードで脂肪を落とすことが可能、というわけ。これってなんだか、女子向きだと思いませんか?

■ひとりでジムに行く気にならない……それなら、彼氏と一緒にデート気分で!

ひとりでジムに行くのはどうしても気が乗らない……そんな人は、彼氏を誘ってみては?

付き合いたてのカップルならデートコースの提案にもなるし、トレーニングの進み具合などで会話が弾むこと請け合いです。

マンネリだったカップルにとっては新たな刺激になるでしょうし、お互いが良いライバルになります。

何よりふたり一緒に美しくカッコよくなれるなんて、良いこと尽くめではないでしょうか。

もし彼氏が難色を示すようなら、「今年一緒に海に行きたいから!」と可愛くお願いしてみましょう。

「お互いカッコいい水着姿で夏を迎える」なんていう共通の目標を作るのも、ふたりの間を盛り上げるはずです。

以上、女子にも勧めたい筋力トレーニングについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

夏はすぐそこ! 食事管理と合わせ、無理のない方法で理想のボディラインを目指してくださいね。