【受付終了】6/28、トークセッション緊急開催!「いい会社」のつくり方を、新井和宏(鎌倉投信)・岩元美智彦(日本環境設計)に訊く

写真拡大

『WIRED』VOL.23「Good Company」特集にて、これからの「いい会社」を編集部とともに探った鎌倉投信のファンドマネジャー・新井和宏。6月28日(火)、数々のいい会社を見てきた“会社の目利き”である新井と、鎌倉投信がいい会社と認め、投資をする日本環境設計の創業者・岩元美智彦をゲストに招き、トークイヴェントを開催。本誌では語り尽くせなかった「いい会社」への想いを存分に語ってもらう。[6/22 チケットは完売いたしました。]

「【受付終了】6/28、トークセッション緊急開催!「いい会社」のつくり方を、新井和宏(鎌倉投信)・岩元美智彦(日本環境設計)に訊く」の写真・リンク付きの記事はこちら

「いい会社をふやしましょう!」を合言葉に、社会性のある会社にしか投資を行わないことで利益を出し続けてきた鎌倉投信。2013年には「R&Iファンド大賞2013」投資信託・国内株式部門にて最優秀ファンド賞を受賞し、いい会社に投資をすることが実績にもつながることを証明してきた投資信託である。

6月28日(火)、『WIRED』VOL.23「Good Company」特集にて編集部とともに「いい会社」の条件を考えた鎌倉投信のファンドマネジャー・新井和宏、そして同じく本誌に登場していただいた鎌倉投信が投資する環境系ヴェンチャー企業・日本環境設計の創業者・岩元美智彦の2人を招き、「いい会社のつくり方」をテーマにトークイヴェントを開催する。

本誌では7つの会社を例に「いい会社の条件」を探ったが、もちろん鎌倉投信が考えるいい会社はそれだけではない。これまでに幾多の会社を見てきた“会社の目利き”である新井に、本誌では語り尽くせなかったいい会社の条件や実際にいい会社を見つけるための方法、これからのビジネスのあるべき姿を語ってもらう。

また日本環境設計の岩元には、鎌倉投信が考えるいい会社の代表として、会社づくりの心得を訊く。20名ほどのスモールチームでありながら、良品計画やパタゴニア、スターバックスといった国内外の企業と行政を巻き込み、着実に利益を出しつつリサイクル文化の浸透を行う日本環境設計(「リサイクルのグーグル」とも呼ばれている)には、ミッションとビジネスを両立させる会社のつくり方を学ぶことができるだろう。

いま、会社に求められる本当に大切なこととは何か? 規模や知名度だけではない会社のモノサシを、投資家と起業家の視点から考えていく。経営者から、転職や起業を考えているビジネスマン、これから社会に出る就活中の学生まで。「会社」を考えるすべての方にとってインスピレーションとなるはずだ。

イヴェント当日はQ&Aの時間も設ける予定。会社の目利きに直接話を訊くことのできるこの機会を、ぜひお見逃しなく!

「いい会社」のつくり方
鎌倉投信・新井和宏+日本環境設計・岩元美智彦

チケットは完売いたしました

日時:6月28日(火)19:30〜21:00(開場 19:15)
場所WIRED LAB.
東京都港区六本木1-3-40
アークヒルズ カラヤン広場 スペイン坂入口
出演:新井和宏(鎌倉投信)、岩元美智彦(日本環境設計)
参加費:2,000円
定員:40名
主催:『WIRED』日本版

タイムテーブル
19:15 開場
19:30-20:30 トーク
20:30-21:00 Q&A
新井和宏|KAZUHIRO ARAI
1968年生まれ。鎌倉投信ファンドマネジャー。東京理科大学工学部卒。国内系投資信託銀行、外資系運用会社に勤めたのち、大病をきっかけに、それまで自身が扱ってきた数式に則った投資や金融市場のあり方に疑問をもつようになる。2008年、志をともにする4人とともに鎌倉投信を共同創業。社会性を重視して会社を評価する、投資先の企業をすべて公開するといった従来の常識を覆すスタイルのもとで投資信託を運営する。鎌倉投信は2013年、格付投資情報センター(R & I)で最優秀ファンド賞(投資信託 国内株式部門)を獲得。そのほか、特定非営利活動法人「いい会社をふやしましょう」理事を務める。著書に『投資は「きれいごと」で成功する』〈ダイヤモンド社〉がある。www.kamakuraim.jp岩元美智彦|MICHIHIKO IWAMOTO
1964年生まれ。日本環境設計 創業者兼会長。大学卒業後、繊維商社にてキャリアをスタート。再生繊維の開発・普及・啓発に5年間、繊維製品のリサイクルのビジネスモデル構築に7年間携わる。2007年1月、リサイクル文化の浸透を目指すべく日本環境設計を共同創業。2010年には服をリサイクルして「地球の福」に変える「FUKU-FUKU プロジェクト」を、2012年には環境省と連携をしてプラスチックをリサイクルして「地球のプラス」に変える「PLA-PLUSプロジェクト」を開始。現在、良品計画やスターバックスなどの150を超える企業・団体が日本環境設計のリサイクルプロジェクトに参加をしている。著書に『「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる』がある。www.jeplan.co.jp

INFORMATION

『WIRED』日本版、最新号VOL.23は「GOOD COMPANY いい会社」 特集!

ちゃんと稼いで、ちゃんと社会の役に立つ「未来の会社」の姿を解き明かす「いい会社」特集。ビジネスデザイナー・濱口秀司をはじめ、Beats by Dr.Dreプレジデントや新井和宏(鎌倉投信)、椎野秀聰(ベスタクス創業者)らが、これからの会社のあるべきかたちを指し示す。世界で広まりつつある「B-Corp」のムーヴメントや、シャオミ総帥の語る「エコシステム」哲学、Android OSを生んだ男が目指す新たなビジネスを育むプラットフォームづくりを追う。そのほかにも、弁護士・水野祐が語る「21世紀の法律」特集をはじめ、川田十夢による新連載など、盛りだくさんでお届けする。