20日、インドメディアのZeeNewsは、インドと中国の国境が交差するカシミール地方アクサイチンのインド領空にこのほど、中国の戦闘爆撃機が侵入し、107分間飛行したと報じた。写真は中国軍機。

写真拡大

2016年6月20日、インドメディアのZeeNewsは、インドと中国の国境が交差するカシミール地方アクサイチンのインド領空にこのほど、中国の戦闘爆撃機が侵入し、107分間飛行したと報じた。

インドメディアによると、中国軍機による領空侵犯は今回が初めてではなく、これまでにも繰り返し中印の国境係争地域に駐留する中国軍に缶入り食品やたばこ、手紙などを届けている。

一方、この報道を伝えた中国の環球網は「インドメディアが騒ぎ立てている」としている。

中印の国境係争地域をめぐっては、インドが実効支配する北部アルナチャル・プラデシュ州(中国では蔵南とも)に今月9日、中国人民解放軍の兵士約250人が侵入し、インド軍とにらみ合いになったとも伝えられている。(翻訳・編集/柳川)