【心理テスト】裸で追い出されたら身体のどこを隠す? 答えでわかる執着していること

写真拡大

 執着心はないと思っていても、ちょっとした思い入れや、こだわりから、執着を招くことがあります。執着を手放せば、身も心も自由になって、もっと楽しくラクになれるはず。今の自分の執着を知り、それを手放して自由になりましょう!

【質問】
 恋人とのエッチ中、大ゲンカがはじまり、裸のまま、服や持ち物と一緒に外に追い出されました。あなたは、まずどこを隠しますか?

A:胸
B:股間
C:顔
D:とくに隠さない

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

【診断できること】
「今のあなたが執着していること」
 ケンカは予期せぬトラブル、「裸」は包み隠さぬありままの象徴です。服や持ち物は、その人自身の立場や身分を意味し、隠したパーツはあきらめられない執着をあらわします。今のあなたが執着していることを確認してみましょう。

■A:胸……愛
 胸は乳房を意味し、性的な要素とともに大母神の象徴です。生命を育てる乳は、滋養と豊かさをもたらして愛を生みます。胸を隠すあなたは、「愛に執着する人」です。愛した人を慈しむ優しさは素晴らしいですが、それは依存にもつながります。過去の恋人を忘れられない。片思いをずっと続けてしまうなど、自らの呪縛に囚われがちに。愛の執着から解放されるには、愛に見返りを求めないことです。

■B:股間……財産
 生命の誕生に欠かせない股間は、古来、子孫繁栄や豊饒のお守りとされてきました。子を残すために財を築き、それを受け継ぐことは、古今東西に共通するもの。股間を隠したあなたは、「財産に執着する人」です。稼いだお金や手に入れた物品への思いが強く、手放したり、もらい受けるときには目の色を変えます。財産の執着から解放されるには、自分の信じる価値を人に押し付けないことです。

■C:顔……プライド
 個人をすぐに特定できる顔は、自分が自分であることの証。顔がきく、顔が広い、顔がつぶれるなど、顔に関する言葉はたくさんあります。そんな顔を隠したあなたは、「プライドに執着する人」でしょう。恥ずかしいときに顔を隠すという行動は、その行いをしたのが自分であることを第三者に知られないための行為です。プライドの執着から解放されるには、見たくない自分を受け入れてください。

■D:とくに隠さない……正義
 どこも隠さないあなたは、裸の象徴そのもの。包み隠さぬありのままの自分を受け入れる人でしょう。嘘偽りのない事実に向き合うことは、正義そのものといえます。いいことも悪いことも平等に見つめて、常識や感情に囚われない正義を貫こうとするでしょう。善行を行える人であると同時に、善悪の白黒をつけたくなることが。正義の執着から解放されるには、問題の本質を見つめましょう。

 土壇場に立ったときにわかるこだわりや思い入れは、そのまま執着につながります。自分の執着の傾向を知ることが、執着から解放されるための第一歩です。今のうちに手放して、身も心も解き放し、自由なあなたになりましょう!
(LUA)