中国最先端・世界クラスの海洋総合調査船「向陽紅01号」が青島市で18日、中国国家海洋局第一海洋研究所に引渡され、同時に国家海洋調査船隊の仲間入りを果たした。

写真拡大

中国最先端・世界クラスの海洋総合調査船「向陽紅01号」が青島市で18日、中国国家海洋局第一海洋研究所に引渡され、同時に国家海洋調査船隊の仲間入りを果たした。同船は将来的に、世界の各大洋・全水深の科学調査任務を担当する。新華社が伝えた。

同研究所の李鉄剛所長によると、同船は海域の影響を受けない科学調査船で、満載排水量は4980トン、全長は99.8メートル、幅は17.8メートル、航続距離は1万5000カイリ。電気推進で、動的測位能力を持つ。多学科・多機能・複数の技術を一体化しており、深海大洋多学科・学際的研究の需要を満たす。同船は海洋科学基礎研究、ハイテク研究開発を行う海の動く実験室、試験プラットフォームだ。

「向陽紅」は中国が1960-90年代に建造した一連の科学調査船の名称であり、有人潜水艇「蛟竜号」の母船「向陽紅09号」もその一員だ。この時期に建造された「向陽紅」のほとんどは、すでに退役するか、船名を変更している。うち「向陽紅01号」は退役済み。中国が近年新たに建造した科学調査船は、再び「向陽紅」という名称を用いている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)