金魚柄の巨大な提灯がコレド日本橋のエントランスに登場

写真拡大

日本橋エリアで7月8日(金)から9月25日(日)まで、「ECO EDO 日本橋 2016 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜」を開催する。

【写真を見る】仲通りに並ぶ通常サイズの提灯も期間中は金魚柄に

今年で9回目を迎え、日本橋の夏の風物詩となりつつある同イベント。江戸時代に日本橋で育まれた、“涼”をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジしたさまざまな催しを行っていく。

■ 金魚を“見て”涼む

福徳神社へと続く参道の仲通り及びコレド日本橋のエントランスに、高さ約1.8m の「金魚大提灯」が初登場する。アートアクアリウムアーティストで、「ECO EDO 日本橋 2016」総合プロデューサーの木村英智氏がデザインを手がけており、見応え満点。さらに、仲通りでは約100個の金魚提灯も軒を連ね、“金魚街道”を作り出している。

■ スイーツを“食べて”涼む

日本橋の老舗や百貨店、商業施設などから50店以上が参加し、同イベントにあわせた金魚モチーフのスペシャルスイーツを販売。「金魚スイーツさんぽ」と題した試みを今回初めて行う。浴衣での移動をサポートする「金魚トロリーバス」を日本橋・人形町・東京駅エリア各所で初運行するほか、スマートフォンアプリ「ECO EDO 日本橋 金魚ナビ」も展開。日本橋エリアが散策しやすくなっているので、土地勘がなくても安心だ。

■ 浴衣を“着て”風鈴の音を“聞いて”涼む

浴衣着用で受けられる特典やサービスが今年も登場。ワンドリンク無料や涼アイテムプレゼントなど、街歩きにうれしい限定サービスが盛りだくさんだ。さらに、参加店舗には目印となるよう特製の金魚風鈴が飾られており、涼しげな音を聞きながら店舗を探すことができる。

ほかにも、期間中は連携イベントとして、水中アート展覧会「アートアクアリウム誕生10周年記念祭 ECO EDO日本橋アートアクアリウム2016 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム」も実施。日本橋の恒例イベントで、“涼”を楽しんでみてはいかがだろうか。【東京ウォーカー】