写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●オーソドックスな腹筋運動「ニータッチ」を極める
夏に水着を着こなすために、気になるパーツの部分ヤセをお届けする本稿。今回は「お腹やせ」編として、「フィットネス&ストーンスパ モデノ阿佐ヶ谷」のトレーナー・佐藤慎哉さんにエクササイズを教えていただく。夏までにコツコツ鍛えて、キュッと引き締まったウエストを手に入れよう!

○お腹やせのポイント

水着のときに一番気になると言っても過言ではないのが、「お腹まわり」です。しゃがんだときの正面はもちろん、脇腹(腹斜筋)も気になるところ。女性であれば、しなやかなくびれラインも目指したいですね。

今回は、腹筋を鍛える「ニータッチ」と、脇にはみ出た肉を引き締める「サイドベント」を紹介します。ニータッチは、お腹やせの王道となる腹筋運動。簡単な動作でありながら確実に効果が期待できます。「サイドベント」は通常、ダンベルなどを使って脇腹を引き締めながらくびれを作るトレーニング。今回は手軽なアイテムとして、ペットボトルやバッグを使用します。正面から見ても横から見てもさまになる、バランスのよいお腹まわりを目指して頑張りましょう。

○「ニータッチ」のやり方

1. 仰向けに寝て膝を曲げ、手のひらは太ももの上のあたりに置きます。お尻とかかとの距離で負荷が変わり、かかとが近ければ負荷は小さく、遠ければ負荷は大きくなります。自分の筋力に合わせて、調節して行いましょう。
2. 太ももの上で手を滑らせ、2〜3秒かけてゆっくりと上体を起こしていき、膝をタッチします。1秒キープしたら、1の体勢に戻っていきます。膝に手が届かない場合は、上げられるところまででOKです。

回数: 10回×3セット

○タオルを使うと軽めのメニューに

感覚をつかみづらいときは、タオルを使用すると強度が下げられます。膝裏にタオルを通して両端を持ち、タオルを引っ張りながら上体を起こしてみましょう。

○あごを引いて、おへそを見る

上体を元の姿勢に戻すときに、あごが上がり目線がおへそから離れてしまわないように注意。反動はつけず、ゆっくりと行うのが効果を出す秘けつです。終始あごは引いたまま、目線をおへそから離さずに腹筋運動を行いましょう。

続いて、脇腹を鍛える「ペットボトル サイドベント」を紹介します。

●女性らしいくびれを作る「サイドベント」
○「ペットボトル サイドベント」のやり方

1. 足を肩幅に開いて立ちます。片手にペットボトルを持ち、反対の手は頭の後ろに置きます。
2. ペットボトルを持った手の方へ3〜4秒かけてゆっくりと真横に上体を傾けていきます。ペットボトルを持っている方と反対側の脇腹が十分に突っ張ってきたら、2〜3秒かけてゆっくりと1の姿勢に戻ります。反対側も同様に行います。

回数: 左右各10回×3セット

○楽ちんな人はバッグにチャレンジ!

ペットボトルで楽々10回できてしまう人は、バッグに持ち替えてみましょう。基本動作は同じですが、ペットボトルの代わりに本などを入れたバッグを使うと、負荷が大きくなります。無理のない範囲でトライしてみてください。

○腰は逃がさず定位置をキープ

上体を真横に傾けるときに、腰が傾けた方と反対側へ逃げてしまうのはNG。足を肩幅に開いたまま、腰がスタートポジションからずれないように我慢しながら、上体だけをゆっくりと真横に傾けていきましょう。

○前に倒れこまないように

上体を真横に傾けるときに、前かがみの姿勢にならないように注意。耳・肩・腰のラインが一直線になるようキープしたまま、真横に上体を傾けていきましょう。

○おわりに

今回は、オーソドックスな腹筋運動と脇腹を引き締めるトレーニングを紹介しました。毎日の変化を鏡でチェックしたり、セルフィーを撮って記録したりすると、モチベーションを高く維持できるのでおすすめです。ぜひトライしてみましょう!

○記事監修: 佐藤慎哉(さとう・しんや)

学生時代に勤めていたフィットネスクラブの先輩トレーナーや自身のケガを懸命に処置してくれたトレーナーに影響を受け、トレーナーを志す。2009年よりパーソナルトレーナーとして活動開始。現在は東京都杉並区阿佐ヶ谷の駅前に構える「フィットネス&ストーンスパ モデノ阿佐ケ谷」にてジムトレーナー、パーソナルトレーナー、スタジオインストラクターとして活躍中。巷にあふれる間違ったトレーニング法やダイエット法を正すとともに、流行ではなく、いかにベターな選択をし続けるかを大切にし、個のお客さまにとってベストな指導をすることに全力を注ぐ。

(須藤妙子)