近づくな危険!「トラブルメーカーの女性」2位遅刻が多い、1位は

写真拡大

職場やママ友などの人間関係で、トラブルを起こすのは“いつも同じ人”なんてことありませんか? そんな“トラブルメーカー”と言われる人とは、できるだけお近づきになりたくないですよね。

そこで今回『VenusTap』では、男女500名に「身近にいたら“トラブルメーカーになりそう”と思う女性の特徴は?(複数回答可)」というアンケート調査を実施。

気になるランキング結果と、そんな女性に遭遇したときのアドバイスをご紹介します。

■5位:威圧的な態度を取る(24.4%)

暴言を吐いたり、暴力を振るったりするわけではないのに、周囲をビクビクさせるような威圧的な態度を取る人っていますよね。

周囲も「恐いな、嫌だな」なんて思いつつ、目をつけられたくないからついペコペコしてしまいがち……。会社のお局様やママ友グループのボスなどが、まさにこのタイプ。

この手の人は相手を怒らせないようにと下手に出るとさらに調子に乗るので、付かず離れずの関係を築いたほうがいいでしょう。

■4位:人によって態度を変える(24.5%)

好きな人や立場の強い人にはニコニコするのに、嫌いな人にはあからさまに冷たく接するなど、人によって態度を変える女性っていますよね。

ついこの前までは友好的だったのに、いきなり手のひらを返したように冷たくされたら、「自分に何か非があったのか」と気になってしまいます。

大人になってもそんな利己的で幼稚な対応をする人は、トラブルの元凶として大多数の人から敬遠されるようです。

このタイプの人と付き合うなら、急に態度を変えられても動じない心構えと覚悟を持って接しましょう。

■3位:上から目線で接してくる(25.4%)

ちょっと物事を失敗しただけで「えー、こんなこともできないの?」、「私だったらこうするけどねー」と言ってくるなど、何かにつけて上から目線で接してこられると、「何様なの?」、「バカにしている?」とイラ立ちますよね。

特別偉いわけでもないのに自分が優れていると思って人を見下しているような人は、平気で相手を傷つけてトラブルに発展するイメージが。

このタイプの人は、「実は私に嫉妬しているから攻撃してくるんじゃないの?」、「本当は自信がないから、他人を貶したいんだろうな」と考えれば、心の平穏が保てるかもしれません。

■2位:ドタキャンや遅刻が多い(30.2%)

遊ぶ約束をドタキャンしたり、いつも待ち合わせに何十分も遅刻してきたり……。これらの行動は相手を軽く扱っているからこそやってしまう行動。

また、このような“約束を守れない人”は、“物を貸しても返さない”、“内緒にしてねと言ったこともペラペラ喋る”など、あらゆる場面でそのいい加減さが露呈するもの。「トラブルメーカーになる人」と思われるのも納得です。

「次にドタキャンや遅刻したら、もう遊ばないよ!」と警告しても直らない場合は、自分がそれだけなめられているという証拠。付き合いを見直したほうがいいでしょう。

■1位:人の悪口を言う(33.2%)

口を開けば人の悪口ばかり言っている女性、周りにいませんか?

聞かされているほうからしたら、気持ちも滅入るし、「自分の悪口も言っているのでは?」と疑いたくなるもの。

また、悪口は第三者から本人に漏れることもあり、ただその場にいただけなのに、「あの人も一緒になって悪口を言った」なんて思われ、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。

“口は災いの元”。悪口を楽しむような人はトラブルを呼び寄せます。悪口が始まったら、上手に楽しい話題に切り替えるなどして、言いにくい雰囲気を作ってしまいましょう。

以上、「身近にいたら“トラブルメーカーになりそう”と思う女性の特徴ランキング」をご紹介しました。

身近にいる当てはまりそうな人に気をつけるのはもちろん、自分自身も“トラブルメーカー”認定されないように、ランクインした行動は控えましょう。