写真提供:マイナビニュース

写真拡大

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は6月21日、従業員の健康に関与する健康経営を支援するソリューション「ウェルネス ワークスタイル」の提供を開始した。1年間で100社への販売を目指す。

近年、従業員の健康について企業が果たす義務は、健康診断や過重労働対策、ストレスチェックなど広範囲に及んでいる。従来は社員の健康管理はリスクマネジメントの観点として考えられてきたが、現在ではモチベーション向上や労働生産性の改善につながるものとして捉えられており、働き方を含めて積極的に関与する健康経営の考え方が普及している。

ウェルネス ワークスタイルは健康経営の実現に向けて従業員の健康状況の可視化、分析による労務状況の把握、事後措置・予防の3つの切り口で企業の健康管理業務を支援。また、経営方針のコンサルティングや\生産性の向上に寄与する働き方変革のシステムも提供するという。

すでに、CTCでは健康状況の可視化・分析についてウェルネス・コミュニケーションズと協業した健診結果や保健指導などのデータを可視化し、管理するBPOサービス「おまかせ健康管理」と蓄積したデータを分析し、レポートを作成するサービス「おまかせ健康分析」を提供している。

今回、事後措置・予防を補完するサービスとして、新たにウェアラブルデバイスを活用して従業員の生活習慣や健康状態を一元的に管理するサービス「おまかせ生活改善」を開始し、従業員の健康管理を総合的に支援することが可能となった。

おまかせ生活改善は、日本予防医学協会と京セラが提供する生活習慣改善支援サービス「デイリーサポート」を使用し、企業の管理業務をCTCが代行するサービス。ウェアラブルデバイスとスマートフォンから歩数や摂取カロリー、睡眠、内臓脂肪レベル、睡眠の時間、深さなどの情報を収集し、生活習慣病対策が必要な従業員に対し、利用促進や生活改善の専門家からのアドバイスを提供する。

今後もCTCでは、ウェルネス ワークスタイルを中心にヘルスケアとITを融合させたヘルステック領域でのサービス開発を強化していく考えだ。

(岩井 健太)