写真提供:マイナビニュース

写真拡大

UBICと洛和会ヘルスケアシステム、フォーカスシステムズの3者は6月21日、病院経営や医療現場の運営に関わる意思決定、判断支援などの医療事業分野に人工知能を用いるための共同研究を開始すると発表した。

人工知能への関心が高まるなか、医療や介護の現場でも治療や診断だけでなく、患者の療養環境の向上や医療安全の実現に向けた活用への期待が高まりつつある。一方、一般企業と同様に経営判断や人事管理、事務の効率化などの視点でも人工知能の活用が注目されている。

今回の共同研究では、医療機関・組織の経営層の意思決定支援や、医療機関の経営、診療・診断支援、職員管理などに人工知能技術を用いた各種の実証研究を行い、その実用性や効果の検証を行う。

洛和会ヘルスケアシステムは各種データや病院経営現場の運営に関わる知見や課題、要望などを提供し、UBICは独自開発した人工知能「KIBIT(キビット)」によるデータ解析と人工知能活用のノウハウ、フォーカスシステムズはデータを解析するためのシステムづくりやサービスノウハウの提供、検証作業の支援などに取り組む。

今回の取り組みにより、医療事業における人工知能の検証を通じ、幅広い活用機会の実現を目指す。また、共同研究における成果は開発した技術およびサービスなどを活用する事業の共同実施を通じて、医療現場において患者や医療関係者のために利用を促進し、幅広く展開していく方針だ。

(岩井 健太)