写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ダイハツ工業は21日、軽乗用車「ムーヴ」と軽福祉車「ムーヴ フロントシートリフト」を一部改良して発売した。富士重工業も同日、ダイハツからOEM供給を受けるスバル「ステラ」を改良して発売すると発表した。

ダイハツ「ムーヴ」は今回の一部改良で、「ムーヴ カスタム」に低価格の「カスタム X "Special"」を新設定するなどユーザーの選択肢を拡大。「ムーヴ カスタム」のハイパーシリーズでは、インパネガーニッシュとドアオーナメントパネルの加飾をグロッシーブラッククロスとし、シートステッチをシルバーステッチに変更するなど、インテリアの質感を向上させた。通常はメーカーオプションの「純正ナビ装着アップグレードパック」を標準装備とするなど、お買い得な設定としている。

その他、全車共通でオートライトの点灯タイミングを早期化するなどの仕様変更や、「ムーヴ」にメーカーオプションで設定している「ブラックインテリアパック」の内装色の一部変更を実施。軽福祉車「フレンドシップシリーズ」の「ムーヴ フロントシートリフト」はシンプルで使いやすい機構となり、価格も購入しやすく見直された。

今回の一部仕様変更で、全グレード一律6,000円の引下げも実施している。価格は「ムーヴ」113万4,000円〜150万6,600円、「ムーヴ カスタム」135万円〜174万9,600円、新たに設定された「ムーヴ カスタム X "Special"」が135万円〜147万4,200円(いずれも税込)、「ムーヴ フロントシートリフト」は126万4,000円〜157万4,000円(非課税)。

スバル「ステラ」の改良では、「ステラ カスタム」にエントリーグレード「F」を新規設定。「ステラ カスタム」の専用意匠やLEDヘッドランプはそのままに、フルホイールキャップ、2眼ルミネセントメーター(メッキリングなし)やマルチインフォメーションディスプレイといった一部の装備をシンプル化したモデルとしている。

メーカー装着オプションの「プレミアムセレクション」では、加飾パネルやシートステッチのカラーを変更し、落ち着き感のある上質でスタイリッシュなインテリアに。「ブラックインテリアセレクション」では、インパネ下部やインナーリモート周りのカラーリングを変更し、質感を高めたモデルとなった。

価格は「ステラ」113万4,000円〜144万1,800円、「ステラ カスタム」135万円〜174万4,200円、新設定された「ステラ カスタム F」は135万円(税込)。

(木下健児)