「茨城イタリアンフルコース 〜夏 SUMMER〜」(2980円)の肉メニュー

写真拡大

常磐自動車道・守谷サービスエリア上り線の商業施設Pasar守谷に入るレストラン「フォレストグリル」は、NEXCO 10周年を記念して今年1月に行われた「SAPAメニューコンテスト全国大会」において、並み居る強敵を破り、見事準グランプリに輝いた実力店。

生でも食べれる茨城の新鮮な魚を、カンパニア州を代表するアクアパッツアに仕上げた、「魚メイン」のコース

その同店では、現在夏のフルコースメニュー「茨城イタリアンフルコース 〜夏 SUMMER〜」(2980円)を提供している。

贅沢な茨城県産の食材を全てのお皿に込め、手作りにこだわった6皿からなるフルコース。前菜のバーニャカウダーからはじまり、江戸崎かぼちゃスープとエスプーマと続くこのメニュー。メインは肉と魚から選べ、肉は茨城県が誇る極上常陸牛の希少部位シンタマをグリルにし、煮込みは3日以上かけて丁寧に仕上げた「常陸牛のグリルと国産牛の煮込み〜Stracott di manzoトリュフの香り」、魚は県内産魚介を使用した「茨城鮮魚の炙り焼きとアクアパッツア」と、どちらも魅力あるもの。

平日20食、土日祝日30食の限定販売で、コース料理のため、時間を頂くとのこと。

森をイメージしたレストラン「フォレストグリル」で、茨城の食材を存分に称した茨城イタリアンフルコースの夏バージョンを堪能してみては。【東京ウォーカー】