前回、理想のバイクウェアを求めてわたし張山が訪れた「Max Fritz SENDAI」。

前回記事:【おシャレライダーを目指せ!】Max Fritz SENDAIに行ってきた!

1

店長の佐藤一貴さんにアドバイスを頂き、あれこれと検討し、悩みまくって1時間。ついにわたしは、自身が求める理想のバイクウェアに辿りつくことができました。

今回はわたしが購入したバイクウェアをご紹介いたします。

わたしが求めるバイクウェアの理想は、「バイクに乗ってる時も、ツーリング先で歩く時も違和感なく使えるもの」、そして、「普段着としても使えて、さらに登山やキャンプなどアウトドアにも年中使える、タフなもの」というものでした。

このわがままな理想を見事に叶えてくれそうなウェアが「ライディングパーカー3S」。

Max Fritz製品の中でも特に人気の高いライディンングパーカーシリーズ。

毎年のように改良が加えられ、前回発売された「ライディングパーカー3」から「3S」へと進化したものです。3Sの素材は、デュポン社の「コーデュラ」というものを使っております。この素材は普通のナイロンやポリエステルとは比べ物にならないほど、引き裂き強度がとても高いです。

撥水性もかなりのもので、短時間の雨ならカッパを着る必要はなさそうです。かつ、以前よりも柔らかな気心地で、ゴワつきが大幅に軽減されているそうです。

ちなみに裏地はメッシュ素材を使用しております。

胸・そで・背面にベンチレーションを設け、温度調節が可能。夏は涼しく、春・秋は暖かく、年中着ることができます。

さらに胸の部分はポケットも兼用しております。

ベンチレーションの調節用ファスナーはすべて止水ファスナーを採用しております。背中・肩・肘にはソフトパッドを内蔵しております。見た目だけでなく、安心度も高いです。

ちなみに肘の当て革は「ウォッシャブルレザー」ですので、家庭で洗濯することも可能です。

フードのあるモデルなので、走行中にバタつきが気になるのではないか? と思いましたが、フードは丸めてタブで留められるのでこれなら長距離ツーリングでも安心して使えますね。

今回、わたしが購入したのはサイズ48【L】の、オレンジ色のモデル。当初からオレンジが良いなと思ってましたが他にもグリーン、ベージュ、グレーの4種類どれも非常にかっこよくてとても迷いました。

最終的に佐藤店長のアドバイス、「乗っているバイクが黒だから、明るい色の方が映えると思いますよ」の言葉が決め手となり、オレンジを購入!

ライディングパーカ3Sを実際にツーリングで使用しましたが、非常に動きやすくて着ていて楽です。

バイクに乗るうえで、安全性の高いものを着ることは大前提ですが、この「動きやすさ」というものも非常に重要だと考えられます。

バイクから降りて歩いていても「いかにもライダー」という雰囲気ではなく、オシャレなトレッキングウェアのような上質さが感じられました。

季節を問わず、あらゆるシーンで活躍できるライディングパーカ3S。ぜひともチェックしてみてください!

【ライディングパーカー3S】

定価:¥43,000+税
:ベージュ/グレー/グリーン/オレンジ
サイズ:
【46(M)】 着丈-73 肩幅-44 身幅-55 袖丈-63
【48(L)】 着丈-75 肩幅-46 身幅-57 袖丈-64
【50(LL)】着丈-77 肩幅-48 身幅-59 袖丈-65
【52(XL】 着丈-80 肩幅-50 身幅-61 袖丈-66

【今回お世話になったお店】

Max Fritz SENDAI −マックスフリッツ 仙台−
営業時間:AM:11:00〜PM:19:00
定休日:木曜日(その他、臨時休業あり)
住所:宮城県仙台市太白区郡山5-6-12 1F
TEL&FAX:022-206-7036
MAIL:maxfritz-sendai@hotmail.co.jp
公式webページ:Max Fritz SENDAI

(ライター:張山 和希/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【モタサイ2016】美女キャンギャルまとめ!


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


【強者現る】バイクに乗りながら演奏もしちゃう移動系バンド


フランスのヘルメットメーカー「SHARK」のCMが凄い!


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

【キャンプにも行けるバイクウェア】Max Fritz ライディングパーカ3S(http://clicccar.com/2016/06/21/377319/)