落ち込まないで!「梅雨だる」の原因と乗り切るためのおやつ2選

写真拡大

雨や曇りのジメジメした日が続き、太陽がなかなか顔を見せてくれませんね。

「青い空が見たい〜」という気持ちが強くなるこの時期。気分が重く、体調もイマイチ……という人、いませんか? もしかするとそれ、梅雨特有の“梅雨だる”かもしれませんよ!

そこで今回は、梅雨にブルーになる理由を解明し、すっきり元気に乗り切る“おやつ”をご紹介します。

梅雨だからといって、気分までジメジメなんて、モッタイナイですよ!

■梅雨だるの原因は?

どうして梅雨のこの時期、体がだるく、不調になるのでしょうか。

ウーマンウェルネス研究会のwebサイト『ウェルラボ』によると、

<梅雨の時期は、低気圧によって副交感神経が優位になりがちで、だるくなったり倦怠感を覚えやすくなったりします。

また、この時期は天気が目まぐるしく変わり、気温や体感温度も変動します。そのため、身体も精神もその変化についていけず、自律神経が乱れやすくなります。>

一日のうちでも、朝、家を出るころは涼しいと思っても、会社に着くころには暑くなっている。通勤時に汗をかいてしまい、会社に着くと冷房が入っている……なんてこともありますよね。

そんな事態に備えて、脱ぎ着のしやすい服装や、汗をかいてもさらっと乾く下着などを身につけましょう。

■むくみの原因にもなる“水毒”

ジメジメと湿度が高いと、足がむくんできませんか? そのむくみ、水毒かもしれませんよ。webサイト『HOME ALSOK 』によると、

<水毒とは、東洋医学の考え方で、体内に“余分な水”が溜まって引き起こされる症状のこと。「気」や「血」の巡りを停滞させ、さまざまな不調が現れるとされています。>

余分な水は、体の外に排出しましょう。軽い運動で体を動かしたり、湯船に浸かるなどして、汗をかくようにしましょう。

水毒の状態で水を飲んでしまうと、体内にふたたび水がたまってしまいます。

それでも、のどが渇いてしまう……。そんな時は気分を変えて、水分の多い果物やスイーツを口にしてみるのがおススメです。

■体もすっきり! 梅雨だる中に食べたいおやつ2選

かき氷やフラッペなど、氷でできたスイーツは臓器を急激に冷やすので、一気に食べるとお腹を壊してしまうこともあります。そこでおススメしたいのが、つるっとしたのどごしのおやつです。なかでも体にも優しい、ヘルシーな2つをご紹介します。

(1)杏仁豆腐

中華料理でもおなじみのスイーツ“杏仁豆腐”は、薬膳なんです。

webサイト『料理サプリ』によると、

<漢方の世界では杏仁は「キョウニン」と呼ばれ、「肺と腸を潤す働きがある」として咳止めや喘息に効く民間薬として古くから用いられてきました。また、種子に含まれる油分は整腸作用に高い効果を発揮し、便秘を解消してくれる効果も期待できます。>

空調で乾燥しがちな喉や、水分の摂り過ぎで弱くなってしまった腸を整えてくれる作用が期待できます。

(2)豆腐系スイーツ

大豆ベースなのに、クリーミーな味わいで、まるでスイーツのような豆腐系スイーツ。低カロリーですが、食べた後の満足度は大。大豆に含まれている“イソフラボン”は美肌効果が期待できます。

以上、梅雨だるをすっきり元気に乗り切る“おやつ”についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

憂うつの梅雨シーズンもちょっとの心がけで、明るく楽しくすっきりと乗り切りましょう!