こんな男は選んじゃダメ! 男性が教える「金遣いが荒い人」の特徴4つ

写真拡大

あなたの周りにも、常にお金がないと言っていたり、借金までしている人はいますか。 「金遣いが荒い」人たちはどんな特徴があるのでしょうか? お金遣いの荒い人のエピソードも含めて、働く30代前後の男性たちに聞いてみました。

■ギャンブル・遊興好き

・「パチンコやギャンブルにかけている人」(34歳/建設・土木/その他)

・「ギャンブル好き、酒好き、たばこ好き、この3つの人は駄目」(32歳/その他/事務系専門職)

・「毎週のように飲み会に参加する」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「飲み会などで散々し給料手前でお金がないという人」(34歳/金融・証券/営業職)

金遣いの荒い人は、パチンコ・麻雀・競馬などのギャンブルが好きというイメージが圧倒的でした。勝ったときは気前が良くて、負けたときは借金までするようになったらお終いですね。外食や飲み会の回数が多い人も金遣いが荒い印象になるようです。

■買い物依存症

・「ほしいものがあるとすぐにネットで買ってしまう」(32歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「ブランドもので身を固めている人」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「車や服など飽きがくるものに金を使う」(34歳/電機/事務系専門職)

・「買い物の時に値札を見ずに買う人」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

本当に病気としてあるので要注意なのが「買い物」です。誰でも普通に買い物はしますが、確かに度が過ぎる人もいます。ブランド品を多く持っている人、新しい物をすぐ欲しがる人、会うたびに違う服装の人などが依存症に見えるようです。

■支出に計画性がない

・「車を衝動買いしたり一回の買い物で10万単位使う」(32歳/小売店/小売店)

・「貯金せずに給料全部をその月に使う」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「次の月の支払いが足りなくなるのをわかっていて使う奴」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「あったらあった分だけ使わなきゃ損みたいに考える人」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

行き当たりバッタリで衝動買いする人が、金遣いの荒いイメージのようです。買い物に行って、同じような物ばかり買ってしまうという特徴も。なんでも気が向いたままに買ってしまうと、給料日はまだまだなのに手持ちの現金が無くなったり、クレジットカードの明細を見て青くなるなんてこともありそうです。

■こんな人も要注意!

・「コストコや激安スーパーで余分に大きいものを買う」(28歳/自動車関連/技術職)

・「分不相応なモノを持っている。外車とか高級腕時計とか」(30歳/その他/その他)

・「どんぶり勘定。コンビニの利用が多い」(34歳/医療・福祉/専門職)

余計なものを買っていたり、どう考えても収入以上の支出だったり、冷静に考えれば無駄遣いや衝動買いは防げることなのに、つい手が出てしまう買い物はなかなか厄介なものです。
こんな男性の本音もありました「守るものがないと出費が多くなる傾向があるので、独身時代は特にお金使いが荒くなる」。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月27日〜5月29日
調査人数:203人(25歳〜34歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/岩崎弘美)