映画『ミュージアム』小栗旬×大友啓史監督 - 人気コミック実写化、衝撃のサスペンススリラー

写真拡大

映画『ミュージアム』が2016年11月12日(土)に全国ロードショー。

主演は『信長協奏曲』のヒットが記憶に新しい小栗旬。監督は『るろうに剣心』『龍馬伝』『ハゲタカ』などで新風を巻き起こし、『秘密 THE TOP SECRET』の公開も控える大友啓史監督。そのほか、キャストでは、尾野真千子、野村周平、大森南朋、松重豊らが脇を固める。

原作は、ヤングマガジンで連載された巴亮介氏の同名コミック「ミュージアム」。雨の日に殺人繰り返す連続殺人鬼、またその過激な描写、読む人を引き込んでいく緻密なストーリー、タイムリーな問題・裁判員制度などを盛り込んでヒット。その残虐性やゲーム性から大きな話題を集めた問題作だ。

また、日本に留まらず北米、南米、ヨーロッパ、ロシア、アジア各国などに活動の場を広げるロックバンド・ONE OK ROCKが本作の主題歌「Taking Off」を提供。映画『るろうに剣心』3部作に引き続き、大友監督と再びタッグを組む。

【ストーリー】
雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った殺人アーティスト・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次のターゲットとは…。そして、犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。果たして、カエル男の目的は?

【概要】
出演:小栗旬 尾野真千子 野村周平 丸山智己 伊武雅刀 田畑智子 市川実日子 大森南朋 松重豊
原作:巴亮介「ミュージアム」(講談社「ヤングマガジン」刊)
監督:大友啓史
脚本:高橋泉 藤井清美 大友啓史
製作:映画「ミュージアム」製作委員会
制作:プロダクション:ツインズジャパン
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c) 巴亮介/講談社 (C) 2016映画「ミュージアム」製作委員会