写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●「Smart」というキーワードを全面に押し出したNXP FTF 2016
テキサス州オースチンで開催されたNXP Semiconductorによる「NXP FTF Technology Forum 2016(NXP FTF 2016)」のキーワードは「Smart」であった。

ちょっと順序が前後するが、Freescale SemiconductorがFTFを開催していた時代の展示会場である「Technology Labs」では自社の製品群を「Health」、「Industry」、「Automotive」、「Communication」という4つの分野に分類していた。これがNXP FTFではどう変わったかというと、「Smart Industry」(Photo01)、「Smart Transport」(Photo02)、「Smart City」(Photo03)、「Smart Life」(Photo04)に再分類され、さらにこの4つの部門の上(?)に「Smart Society」(Photo05)というジャンルが構成されていた。

加えて言えば、Freescaleの「IoT Truck」(Photo06)はNXPの「IoT Truck」へと模様替えされていたが(Photo07)、こちらのテーマは「Smart World Tour」である。とにかく、この「Smart」というキーワードを全面に押し出してきたのがNXP FTFの最大のポイントと言って良い。このSmartというキーワードをどう紹介したか、ということでまずは基調講演の様子からご紹介する。こちらのテーマは「Secure Connections for a Smarter World」である。

基調講演自体は同社のSteve Owen氏(Photo08)が司会進行を務める形で始まった。まずは10分ほど掛けて、Smarter Worldがどのような形で実現されるか、そしてその際にセキュリティがどれほど重要かを説明した上で、「NXPはFreescaleと一緒の会社になったことで、広範な製品ポートフォリオを手にして、これを提供できる状態になった」事を強調した(Photo09)。

この結果として

・自動車向け半導体でNo.1となり、「1台の車には100個のNXPのプロセッサが搭載されている」
・基地局向けのハイパワーRFでNo.1である
・世界の携帯電話の90%にはNXPのStandard Productsが搭載されている
・E-Passportの80%にはNXPのチップが利用されている
・Network SecutiryとPayment Transactionの分野でリーダー
・NFCのCo-Creator

といった立場にあることを紹介してから、Rick Clemmer氏に引き継いだ(Photo10)。

Clemmer氏はまず最近の経済が最新のテクノロジーをベースにしていること(Photo11)に触れながら、これらがコネクテッドデバイス化し、複数の機能を有するようになって行く中で、よりセキュリティが重要になるとし、NXPの「Secure Element Technology」やさまざまな製品例を、MasterCardからのビデオメッセージやGemaltoのSVPを招いて説明を行う(Photo12)など、念入りに説明を行った。このあたりは元々NXPが培ってきたものだけに、力の入ったものだった。

同氏は最後に、セキュリティに関してNXPは7つのデザイン哲学(Design Philosophy)を掲げている事(Photo13)や、セキュリティに関して1700もの特許を保持している事を紹介して、再びOwen氏に代わった。

●「Smart」な世界をどうやってNXPは実現するのか?
ここからは分野別の話になった。まずはスマートシティの実現である。キーワードは単純(Photo14)だが、実現にはさまざまな課題がある。ここではTED Fellow & Urban DesignerのMitchell Joachim氏を招き、さまざまな密度のSmart Cityのあるべき姿のアイディアを披露した後で、そのアイディアの一部の基礎となりうるものの1つとして、「C-ITS(Cooperative Intelligent Transportation System)」向けにMIFARE/NFC/V2XといったNXPの技術をすでにSiemensが採用して開発を行っている事をSiemens Intelligent Traffic Systems,USのCEOであるMarcus Welz氏を招いて紹介した。

さらに広範な例として、AFD(オースチン消防署)内に設けられたRED(Rebotics Emergency Deployment) Teamを紹介(Photo15)した。REDグループは名前の通り、ドローンを利用するパイロットプロジェクトであるが、ここでもユーザビリティやコミュニケーション、そしてセキュリティの重要性が強調された。

次に話はヘルスケアの分野に移った。ここではDictum HealthのPaul Landesman博士を招き、NXPのi.MXを利用した同社のIDM100という医療用タブレットでどのような具合でリモートで患者情報を取得して診断ができるかというデモを行いながら、ソリューションが充実している事をアピールした。

その後はConnected Worldに話は移った。NXPは旧FreescaleのネットワークプロセッサやRFソリューションに加え、NXPのセキュリティのリソースも併せてワンストップですべてのソリューションを提供できる事をまず触れた上で(Photo16)、NXP Smarter World Tourのビデオを紹介しながらさまざまなコネクテッドデバイスがNXPのソリューションで構築できる事を示した。

このコネクテッドデバイスはさまざまな分野で利用される。例えば昨今の自動車の革新は90%がエレクトロニクスによるものであり、そこで同社はマーケットリーダーの座にあるし、特にインフォテインメント/車載ネットワーク/車載用ID認証/ボディ&セーフティではNo.1のポジションにあると強調。また自動車事故での死者は全世界で130万人ほどに上るが、これを減少させるためのADASシステム向けとしてすでに3000万個のプロセッサを出荷したとする。特に自動運転に関しては、この日にBlueBoxが発表された事もあり、Matt Johnson氏(VP&GM, Automotive MCUs & Processors, NXP)がもう少し突っ込んだ説明も行っていた(Photo17)。

これに続いてコネクテッドデバイス絡みでもう1つ、スマートデバイスの紹介もあった。さまざまなHMIに絡む部分であるが、より高解像度の表示や、自然言語解析なども要求される部分である。またクラウドとの接続性なども要求される。こうした部分に対し、NXPはワンストップの形でトータルソリューションを提供できる事を幾つか例を示しながら紹介を行って基調講演を終了した。

以上が大まかな基調講演の内容である。メインテーマは「Smart」という訳だが、隠れたテーマは「北米マーケットへのNXPのアピール」という事であったと思う。元々NXPは欧州では強いが、北米はそれほどでもない。そしてNXP FTFの参加者は、どちらかといえばこれまでFreescaleの製品を使っていた開発者であって、NXPのテクノロジや製品を熟知しているとは言えない。こうした人々に、NXPが元々持っていた技術や製品を紹介するのが、オースチンでNXP FTFを開催した(ほかにも色々あるが)理由「の1つ」としても良いと思われる。

(大原雄介)