撮影:小林裕和

写真拡大

藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)と窪田正孝さんのW主演で話題の『MARS〜ただ君を愛してる〜』がTVドラマに引き続き映画化。6月18日より公開中です。

今回はヒロイン・麻生キラを演じた飯豊まりえさんにインタビュー。モデルとしても活躍し、ティーンに人気を誇る飯豊さん。本作では辛いトラウマを抱えた難しい役を熱演。まだ十代とは思えない、素晴らしい演技を見せています。

【写真満載】狂気的な役にハマる窪田正孝「思わず涙ぐんでしまったこと」とは?

そんな彼女の素顔や、作品の雰囲気とは真逆とも言えるにぎやかな撮影現場のエピソードを聞いてきました!

CGなし!奇跡の夕焼けシーンは必見!

――劇中の零にキュンとしたシーンを教えてください。

飯豊:映画で、砂のお城を作ったあと「どんなに大きくて立派でもいつかは必ず壊れてしまうんだね」とキラが言った時に、零が「また作ればいいじゃん。お前が望むなら俺は何度でも作るよ」って言うセリフがキュンときましたね!キラちゃんにはこの人しかいないんだな、と一番感じたところです。

2人にとっては海辺のシーンって本当に濃くて、感情が高ぶるシーンが多かったので思い出に残ってますし、映画はCGなんじゃないかっていうくらい夕焼けがキレイなんですが、あれは実際に奇跡が起こったんです!

それまで曇っていたんですけど、砂のお城を作る撮影をしてたら「あれ?晴れてきたんじゃない?」ってなって、お城を作るのを中断して。手を繋ぐのも台本には書いていなかったんですけど、気付いたら横顔や手を繋いでるシーンが使われていました。あの夕焼けは本当に「藤ヶ谷さん(運を)もってるな〜」って思いました(笑)。

――海のシーンは寒かったりしませんでしたか?

飯豊:ほんっとうに寒かったです。すごい着込んでました。衣装の下にカイロを10コくらい貼っていて、ストーブもつけて撮影しました。

――そこで藤ヶ谷さんに助けられたことなどありますか?

飯豊:とっても寒いと思うのに、いつも藤ヶ谷さんはロケジャンを着ないんですよ!ストイックだと思いません!?現場に入ると役に集中したいから、たぶん脱いでらっしゃるんだと思うんですけど。そうなると私もロケジャン着てられないなと気合いが入って。

藤ヶ谷さんはいつも(衣装の)チェックのシャツになっていらして、すごいストイックだな、と思いました。ストーブも2コ用意されるんですけど、両方私に向けてくださったり。優しく良いお兄さんでした(笑)。本当に助けられました。

思わず泣いてしまうくらい、スタッフも感情移入

――撮影現場の雰囲気はどうでしたか?

飯豊:ドラマから立て続けだったので、現場の雰囲気もとても気合いが入っていて。1つの作品をみんなで意見を出し合って作ろうっていう感じだったので、本当に楽しかったです。

あと自分がこの作品ほど現場に長く行くことが今までなかったので、辛いこともあったんですけど、今思えば毎日楽しかった思い出しかないですね。

純粋さゆえに残酷なストーリーでシリアスなシーンも多かったんですが、現場にはその気分をさらに盛り上げる切ないラブソングがめちゃくちゃかかってました。その歌にまたジーンときて、「私もうダメかも」みたいに役に感情が入り込んでいってました。

ヘアメイクさんもメイクしながら「すみません、キラに感情移入しすぎて」って泣いちゃうくらい(笑)。スタッフさんもジーンとしちゃう現場でしたね。

――映画だと、特にドラマにもまして窪田さん演じる牧生が狂気を秘めたキャラでしたが、現場ではどういった立ち位置だったんでしょうか?

飯豊:窪田さんは本当に二面性のある方だな、と思いました。というのも、シリアスなシーンなのに、撮り終わったらスマホのゲームをやりだすんですよ。もうオン・オフがすごくて、「どうやって切り替えてるんですか?」って聞いたら、その場の感情を大切にしていて、「その場で動いてやっているから作ってきてないよ」みたいに言われて。

撮影の何日も前からセリフをパッと覚えて来ていて、「よし、セリフは覚えた!」というノリで撮影に入っているように見えるのにきちんと演技が完成されているので、「え!?あの能力欲しい」って思いました(笑)。

これはどういう風に演じられるのかな、と思ったら、想像より5割増ぐらい怖さ倍増で、私も鳥肌が立っちゃうくらいだったり。あの役は窪田さんじゃなかったら演じられないな、と全身で感じてました。

あの人工呼吸シーンをみんなで笑って見ていた

――藤ヶ谷さんと窪田さんの撮影現場での雰囲気はどうでしたか?

飯豊:お二人はすごく仲が良さそうでした。窪田さんが来られると、藤ヶ谷さんの表情も柔らかくなっていた気がします。窪田さんの発言がとても面白くて、それにクスッて笑っていたりしましたね。劇中では殴りあったりとか、全然仲良いところはないけど、撮影はみんなで仲良くしてました。

――和やかな現場だったんですね。

飯豊:ドラマの藤ヶ谷さんと窪田さんの人工呼吸シーンとかも、みんなでモニターで見て、笑い合ってやってましたよ。窪田さんがキスした後に、風がフワッと入るんですけど、あれは演出じゃなく自然に風が前髪のところにフワッと入って、そこが「いいね!」ってみんなで言って(笑)。

――藤ヶ谷さんも窪田さんもそれぞれの役に重なる部分ってありますか?

飯豊:零はキラちゃんにとって光のような存在だと思うんですけど、現場にいる藤ヶ谷さんは太陽みたいな方で、そこは共通する部分だと思います。いつも完璧なんですけど、どこかで考えたり悩んでいるように感じる時もあったので、そこは一瞬零っぽいなと思ったところでしたね。いつも完璧でキラキラしてるけど、何か秘めた部分もあるのかな?と感じました。

最初は勝手に怖い方なのかな、と思っていたんですけど、とても優しくて。みんなの体調を気遣ってくださったり、みんなの良いお兄さんでした。

窪田さんは、牧生とは共通する部分はないんじゃないかな。本当に性格が違う気がします。人との接し方もサッパリしてますし、あまり人に入り込まない所とかも全然違うし。よくおしゃべりしてくださる気さくな方です。そこが私は一番ビックリしました。もっとクールで口数の少ない方かな、と思っていたら、すごく気さくな方でした。

現場では昨年のコント王者のネタが大流行!

――撮影現場で面白かったエピソードがあれば聞かせてください。

飯豊:その時期にお笑いのコロコロチキチキペッパーズさんのネタが流行ってたんです。卓球のネタの「さあ!」とか「くれい!」ってやるところをみんなでやってました(笑)。窪田さんが途中で「くれい!」って動きを入れてくるから、本当に面白くてこらえるのが大変だったり。そのオン・オフがやっぱりすごいなって思いました。

現場に(ネタで使われていた)SURFACEの「さぁ」の曲がかかってるんです。普通に台本を読みながら、歌詞の「さあ!」の部分がきたらみんなでやったりとか流行ってましたね(笑)。

――本当ににぎやかな現場だったんですね。

飯豊:あとちょっとにぎやかなシーンの時に、藤ヶ谷さんと稲葉くん、紘菜ちゃんもアドリブをきかせてくるんです。私は笑うツボが浅いので、それに耐えるのが辛くて。使われて笑っちゃっているシーンもあります。

私があまりパッと英語やローマ字が読めないんですね。カフェのシーンの撮影で、藤ヶ谷さんと紘菜ちゃんに、「あれ何て読む?」って聞かれて、COUNTER(カウンター)をコーウンチャって読んじゃったんです。それが面白かったみたいで、その話を(教室のシーンで)達也に置き換えて、「達也がすごいバカで、カウンターをコーウンチャとか言ってて〜」って本番に言ってきて、これ私のこと言ってるー!ってなって笑いが止まらなかったです。あのシーンで話していることは実は私の話なんです(笑)。

好きな人が闇を抱えていたら癒やしてあげたい

――劇中では、キラが零にお弁当を作ってあげるシーンがありましたが、飯豊さんはお料理はされますか?

飯豊:最近するんです!そんなに頻繁にはしないんですけど、シチューとかお味噌汁とか。この前は出汁をきちんと取って麺つゆを作って、お蕎麦を食べました。朝ごはんとかも作りますね。自分が食べたいものを作って食べるってすごく幸せだな、と感じていて。作るのが楽しくて、最近はたまに料理をしています。

――好きな人に作ってあげたい料理はありますか?

飯豊:玉子焼きとかの卵料理かな。あと朝ごはんもいいですね!お味噌汁とか和食!

――零やキラのように、人には言いづらい過去やトラウマを抱えていたら、自分は好きな人に言うことが出来ると思いますか?

飯豊:本当に好きだったら隠します。触れないで欲しいわけではないですけど、知らないなら知らないでいいかな、って思います。これからの自分を見て欲しいなって思いますね。その方が一緒にキラキラした時間を過ごせるかな。でも逆に相手がそういう闇を抱えているなら教えて欲しいなって思います、ズルいですね(笑)。

たぶん私が出来ることといったら、笑顔にさせるとか癒やすということだと思うので、そこは言ってもらえたら嬉しいです。

――相手が笑顔になるように何をしてあげたいですか?

飯豊:体を気遣ってあげたいですし、その人の好きなモノや興味のあるものなど、お互いプラスになることを共有したいですね。私の好きなモノも知ってほしいなって思います。

やっぱり時間って限られるじゃないですか。一瞬一瞬を大切にしたいので、2人で過ごすその時を大事に感じたいです。

――ファンの方へ、映画の見所を教えてください!

飯豊:きっと零の最後がどうなるのか、予告で気になっている人も多いですよね。牧生の正体、あとキラちゃんの願いが何なのかというのは注目してもらいたいです。

私はその場で思ったことを演じたつもりなので、それに感情移入していただけたら嬉しいです。「誰にでも人生を変える出会いがある」というキャッチコピーで、私はキラちゃんと出会って、お芝居への姿勢がすごく変われたんです。そういった役に巡り会えたのも奇跡で嬉しかったので、そんな自分を変えられた作品がたくさんの人に伝わったらいいな、と公開を迎えて思っています。

あと世の草食男子の背中を押せる作品になっていると思うので、男の子にも見て欲しいです。もちろん女の子はすごく憧れてもらえる作品になっていると思うので、最後まで『MARS』の世界観に浸って楽しんでもらいたいな、と思います。

――ありがとうございました!

スタッフさんが泣いてしまうくらい、感情が高ぶってしまうのも納得のシリアスなシーンが多い映画『MARS』ですが、笑いが溢れるにぎやかな撮影現場もあったことに、少しホッとした気持ちになれた裏話でした。零、キラ、牧生の切ない感情が交差する物語の結末を劇場で見届けてください!

ちなみに、藤ヶ谷さんがなぜ寒くてもロケジャンを着ないのか、藤ヶ谷さんのインタビュー記事で答えがわかります!

【特集】藤ヶ谷太輔&窪田正孝『MARS』の裏側、追っかけマ〜ス!特集ページ

ヘアメイク:坂手マキ(vi's inc.)
スタイリスト:有本祐輔