コスプレ造形技術を生かした「鳥足ブーツ」がクールジャパン!

写真拡大

このところ「コスプレ」ジャンルにおける衣装や造形技術の進歩は、個人レベルにおいても目をみはるものがあります。ついこの頃も「あ!」と驚くアイデアで人々を驚かせる造形が登場していました。

話題になっていたのは、コスプレ歴7年となる五月うさぎさんの「鳥足ブーツ」。コスプレ開始と同時に衣装と造形を手がけるようになり、最近では造形の腕を生かし少しずつ注文も受けているんだとか。

【関連:完成度高すぎな『乙嫁語り』アミルコスプレイヤー 衣装制作に約6年、ロケーション求め海外ロケ2度敢行】

五月さんが「鳥足ブーツ」を紹介したのは、2015年10月と少し前。その時Twitterに投稿したものがこのところ再注目され一気にRT数を伸ばしていました。

五月さんに詳しい話を聞いてみると、ブーツ自体は製作できないため、使用者本人にあらかじめサイズにあったものを用意してもらっているそうです。そこから、ウレタン素材を主に使用し、丁寧に塗装し仕上げたのだとか。
拘りポイントはブーツと指の接合部分。もとが別のパーツなので「なだらかになるように拘りました。」とのお話。履いて歩くこともできます。

元々このブーツはハロウィン衣装用に注文されたものだそうです。ヒントにしたのはワンピースのモネ。モネは完全に鳥足なので、あくまで参考イメージですが、それにしてもあのアイデアからこれを作り上げるとは「素晴らしい」の一言。アーティスト衣装や映画の衣装になってもおかしくないほどの出来映えです。

製作期間は1週間ほどかかったそうですが、「納期はその時の状況によって変動します。」とのこと。注文は随時受け付け中で、費用については材料や工数により異なります。勿論この鳥足ブーツのオーダーも可能。気になる方は、五月さんのTwitter(@n_h_molding)をぜひチェックしてみてくださいね。

鳥足ブーツアップ
鳥足ブーツ歩行イメージ