まるでアクセサリー。バカンス気分が高まるタトゥーシール

写真拡大

ここ数年フランスで人気の高まっているおしゃれアイテムのひとつに「tattoo」があります。本物のイレズミも流行ってはいますが、ここでいうのは、本物でなく、手軽に貼るタトゥーのこと。
最近知って、これはありかもと思ったのは、Ethnikk-tattooのものです。特に、手首や首まわりに貼った金銀ラメのタトゥーは、遠目でみるとまるでアクセサリーのようなので抵抗がありません。

www.ethnikk-tattoo.comさん(@ethnikk_tattoo)が投稿した写真 - 2015 9月 29 9:15午前 PDT

手もちのブレスレットや指輪とコーディネートするのも楽しそうです。

www.ethnikk-tattoo.comさん(@ethnikk_tattoo)が投稿した写真 - 2016 5月 26 4:29午前 PDT

www.ethnikk-tattoo.comさん(@ethnikk_tattoo)が投稿した写真 - 2016 1月 6 2:25午前 PST

タトゥーの貼り方はきわめて簡単。フィルムを貼りたい場所におき、上に湿った布やスポンジを軽く押しあて20秒待つだけです。最後に透明フィルムをはがせばできあがり。その効果は平均3〜4日もちます。

www.ethnikk-tattoo.comさん(@ethnikk_tattoo)が投稿した写真 - 2015 7月 14 9:17午前 PDT

つけ終わってフィルムをはがしているところ
だんだん自然に消えていきますが、早く消したいときにはオイルやクリームをなじませて、コットンで拭えば良いそうです。もちろん、肌への悪影響もありません。
水着のときなどには、本物のアクセサリだとつけたり外したりする手間がいりますが、タトゥーなら気にせず使えます。水辺ではちょっと華やかなデザインのものも試してみたくなります。

www.ethnikk-tattoo.comさん(@ethnikk_tattoo)が投稿した写真 - 2015 12月 12 1:05午前 PST

www.ethnikk-tattoo.comさん(@ethnikk_tattoo)が投稿した写真 - 2015 9月 25 3:08午前 PDT

でも個人的に一番気に入ったのは、羽根の形のワンポイントタトゥー。貼る場所によって、イメージもガラッと変わりそうです。夏のバカンス限定で使ってみたくなりました。

www.ethnikk-tattoo.comさん(@ethnikk_tattoo)が投稿した写真 - 2016 5月 22 11:14午後 PDT

残念ながら、今のところフランスの店舗か、フランス語のサイト販売のみとなっていますが、人気の急上昇ぶりを見ると日本への進出もそう遠くはないのでは、という予感がします。
[Ethnikk Tattoo]