光州科学技術院、「髪の毛よりも薄い太陽電池」の開発に成功

写真拡大

韓国の研究チームが、厚さ約1μm(マイクロメートル)と非常に薄くて柔軟、かつ効率のよい太陽電池を開発した。小さなデヴァイスや衣服の中にまで太陽電池を組み込むことができるようになるかもしれない。

「光州科学技術院、「髪の毛よりも薄い太陽電池」の開発に成功」の写真・リンク付きの記事はこちら

韓国の科学者たちが、非常に薄く、鉛筆に巻きつけられるほど柔軟性の高い太陽電池を作成した。この柔軟で薄い太陽電池は、近いうちにフィットネストラッカーやスマートグラスの電源として使用されたり、服の中に織り込まれたりするかもしれない。

開発したのは、韓国の光州科学技術院(GIST)。リリースによると、厚さは約1μm(マイクロメートル:mmの1,000分の1)で、ガリウムヒ素と呼ばれる半導体素材でつくられている。

この太陽電池が太陽光を電気に変換する効率を研究チームがテストしたところ、従来の太陽電池と同等であることがわかった。試験では、電池を巻きつけることができる円柱の最小半径は1.4mmだという。

RELATED

「わたしたちがつくった太陽電池は厚さが約1μmで、人間の髪の毛よりも薄いものです」と、研究に参加した技術者のイ・ジョンホは言う。「薄い電池ほど曲げやすくなりますが、この電池は同時にこれまでと同等、あるいは多少上回るくらいの性能ももっています」

標準的な太陽電池は、GIFTが開発した電池と比べて数百倍厚い。(これまでに開発された)最も薄い太陽電池でも2〜4倍の厚みがある。

研究チームは、一般的に行われるエッチング(腐食剤を使った加工技術)ではなく、柔軟性のある素材の上に太陽電池を直接印刷することで極薄の電池を作成した。彼らが開発したこの新たな方法は、少ない材料で柔軟性の高い太陽電池をつくるのに今後も役立つ可能性がある。

本研究は、AIP Publishingの『Applied Physics Letters』誌で掲載された