毎年チェックせずにはいられない! 渋谷お兄系ブランド「ヴァイスフェアリー」今年のキャッチコピーは時事ネタ祭りです★

写真拡大

夏だ! 浴衣だ! 今年も渋谷お兄系ブランド「ヴァイスフェアリー」のキャッチコピーを愛でる季節がやってきたー!

毎度毎度、秀逸すぎる表現と言い回しで、我々をうならせ、笑わせてくれる「ヴァイスフェアリー」のキャッチコピー。今年はどのような “攻め方” なのか、さっそくチェックしてみたところ……おお! 今年は変化球でいこうと決めたのか、時事ネタ祭りと化しておるぞおおお!

【コレ、どこかで見たことあるような……】

「奥さん…… “日本死ね” とか言う前に オーシャンブルーに抱かれてろ」
「ワインレッドの心に酔いたいか? ならば……僕と契約して “アモーレ” になってよ!」
「艶赤浴衣(シャイニーレッド)が俺に輝けと囁いている……ありがとう、センテンスサマー☆」

これらはすべて、公式サイトに登場している正式なキャッチコピー。

どうです? テレビや雑誌、ネットニュースなどで、見かけたことある言い回しばかりでしょう? 

【よく頑張りました】

そのほか「K.S.K(クロ・しか・着ねぇ)」「卒論」といった言葉を用いるなど、芸能ネタ多め。よくニュースをチェックしているよなぁと感心する一方で、記者(私)としてはあともう少し、笑いのエッセンスをプラスしてほしかったというのが本音……ごめんね、「ヴァイスフェアリー」!

【モデルにいさんたちのタイプが変わった!?】

とはいえ、1度尖ったキャッチコピーで世に知られてしまったばっかりに、毎年、否が応にも期待を寄せられるスタッフのみなさまの苦労を思うと、ちょっぴり泣けてきますっ。

そして時代が変化したのか、今年の浴衣モデルのおにいさんたちは、これまでの “オラオラ系” のモデルたちとはやや異なる雰囲気だったのも印象的。ホストっぽさがないし、1人は完全にビジュアル系バンドマンだし。

ちなみに肝心の浴衣は、黒やダークなレッドなど、全体的に落ち着いた印象です。キャッチコピーだけでなく、こちらにもぜひ注目してみてね!

参照元:VICE FAIRY(ヴァイスフェアリー)、Twitter @vicefairy_webst
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る