6月20日、東京・よみうりホールにて映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』公開直前イベント試写会が行われ、出演する長瀬智也さん、神木隆之介さん、桐谷健太さん、清野菜名さん、宮藤官九郎監督が登壇しました。


『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は『あまちゃん』で知られる宮藤監督が地獄を舞台に、長瀬さんを主演に迎えた痛快ロックンロール・コメディ。

若くして不慮の事故で死んでしまった神木さん演じる高校生が、片想いの同級生に想いを告げてキスすることを目標に、輪廻転生を目指して悪戦苦闘をする地獄での日々を描きます。


舞台でもワイワイと仲良さそうなキャスト陣。

現場で一番笑ったことを聞かれた長瀬さんは、「りゅう(神木さん)が地獄に落ちたてのころ、若干顔色が悪いメイクをしてたんです。健太(桐谷さん)と俺は本当に顔色が悪いと思って」と言い、「背中さすろうか」などと言っていたそう。

ですが、劇中で真っ赤な顔&真緑の顔に塗りたくった二人を前に、神木さんから「自分らに言われたくないよ」と突っ込まれたそうで「会うたびにコントをやっていた感じだった」と、長瀬さんのツボに入っていたことを暴露されていました。


また、イベントでは、公開を直前に控え大ヒットを迎えるために、巨大えんま様像にこれまでに犯してしまった罪を告白するコーナーも設けられました。

神木さんは、「高校のときに、つまらなそうにしている人(クラスメイト)たちがいて。何とか楽しいことに巻き込もうと思って、馬のかぶりものをかぶって授業したり、全力疾走したりしていたんです。でも今考えたら結構悲鳴が多かった……」と、アクティブな過去を振り返ると、桐谷さんからは「先生はどうしていたの?」、長瀬さんからは「馬かぶって勉強身に着くの?」と手痛い突っ込み。

しかし神木さんは「英語86点だったし!」と勉強はやっていたと胸を張るも、「かぶってなかったら100点だったかもよ」と長瀬さんに諭され、苦笑いを見せていました。


そんな長瀬さんの懺悔は、先日仕事でハワイに行ったときのとても可愛いエピソード。

「ホテルの近くにパンケーキ屋があって、日本では並んでいるからせっかくだから一人で入ったんです。そしたら結構なボリュームで。観光で来ている女の子はペロッとひとつ食べていたんですけど、3分の1くらいしか食べられなくて……」と生クリームの多さに断念したと後悔をにじませます。

長瀬さんは「会計をしたところ、従業員が『うちのパンケーキをそんな残すやつは初めてだ、体調悪いのか』と聞かれた(笑)」と話し、苦い思い出を振り返っていました。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は、6月25日(土)より全国ロードショーです!

【関連記事】

※ ミランダ・カー来日!パーフェクトボディの秘密は「グルテンフリー」

※ 佐々木蔵ノ介、深田恭子の美にクラクラ?「このまま終わってもいいほど美しい」

※ 伊勢谷友介、今度はトラ役に!「ぶれないことを意識した」

※ 三代目JSBガンちゃん「バックハグをするのもいいし、されるのもいい」

※ 小栗旬、「桃太郎」役かぶりにポツリ「自分だけなんじゃないかと思っていた」