2位通過に不満もラウンド16の相手についてイングランド代表ホジソン監督「ハンガリーだと嬉しい」

写真拡大

▽イングランド代表のロイ・ホジソン監督が、20日に行われたユーロ2016グループB第3節のスロバキア代表戦を振り返った。

▽イングランドはグループ首位通過を目指してスロバキア戦に臨んだものの、ゴールレスドローで終了。同時刻に開催されたロシア代表vsウェールズ代表でウェールズが勝利したため、2位でのグループステージ通過となった。

▽試合を振り返ったホジソン監督は、チャンスを作りながらもゴールを奪えなかったことに不満を露わにした一方で、選手たちのプレーには評価を下している。

「とても残念だ。試合を支配し、スロバキアのボックス付近で多くプレーし、チャンスも作っていたがゴールを奪えなかった。不満と失望の両方の気持ちがある。我々はゴールを決めることができ、そういった選手がチームに居ると信じている」

「ナサニエル・クラインはとても良い試合を見せた。彼の前でプレーしたジョーダン・ヘンダーソンもそうだね。この先の試合で彼らを使うチャンスができたし、非常に強力なチームであることを証明できた」

「ウェイン(・ルーニー)が先発していたら違ったかって? ウェイン、ハリー・ケイン、デレ・アリは途中から出場した。ウェールズ戦の最後は、ダニエル・スタリッジとジェイミー・ヴァーディの2トップになったが、彼らは非常にポジティブな変化だったと誰もが言っていた」

▽また、グループ2位通過となったことにより、ラウンド16ではグループFの2位との対戦が決定。ラウンド16ではハンガリーとの対戦が望ましいと語った。

「我々のパフォーマンスが報われれば、グループをトップで通過できただろう。今後はグループFの2位チームと対戦する。ハンガリーだと嬉しいが、どんな相手でもタフな試合を覚悟している」