2位通過のイングランド守護神ハート「どこの国も僕らと当たりたくないだろう」

写真拡大

▽マンチェスター・シティのイングランド代表GKジョー・ハートが2位通過を悔やみつつも、決勝トーナメント進出という結果に一定の満足感を示した。イギリス『BBC』が報じた。

▽20日に行われたユーロ2016グループB第3節のスロバキア代表戦で勝てば首位通過が確定するイングランドだったが、猛攻実らずゴールレスドロー。同時キックオフのもう1試合でウェールズ代表がロシア代表を3-0で下したため、イングランドの2位通過が確定した。

▽試合後のインタビューに応じたハートは、首位通過を逃したことに落胆の様子を浮かべつつ、決勝トーナメントに向けて以下のようにコメントした。

「みんなでトップ通過を目指していたけど、そうならなかった。僕らはピッチを支配していた。だから、スロバキアの全選手はこの結果を誇りに思っているだろう。とはいえ、僕らは次のラウンドに勝ち進んだ。きっと、どこの国も僕らと当たりたくないだろうね」