写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オンライン宿泊予約サイト「Booking.com」の日本法人であるブッキング・ドットコム・ジャパンは6月20日、宿泊施設オーナー向けに提供しているクラウド・ソリューション「BookingSuite(ブッキング・スイート)」上で、マーケット情報ツール「RateIntelligence(レート・インテリジェンス):料金最適化ツール 簡易版」の提供を開始した。

同ツールの導入により、市場における今後1年間の需要や競合施設の料金に関するデータが簡単に閲覧可能となり、リアルタイムで効果的な料金設定ができるようになる。

ブッキング・スイートは、宿泊施設向けのサービスに特化しており、効果的な技術を駆使したツールを通して、施設がゲストのニーズに応えると同時にビジネスの成長できるようサポートしている。新たなツールは宿泊施設向けで、毎日更新しているマーケット需要データのほか、その日以降360日間の料金分析を提供する。

使用にあたっては、一元管理ソフトに接続する必要はなく、手動アップデートを採用。メイン画面は使いやすいカレンダー形式で表示され、今後15日間のデータは1時間ごとに更新、今後360日間のデータは毎日更新される。各種予約システム、一元管理ソフト、ソーシャルメディア、PMSなどと連携可能となっている。

現在リリース記念キャンペーンを実施しており、2016年9月30日までに「RateIntelligence」を新規契約したパートナー施設は、ブッキング・ドットコムサイトとのパートナー契約が締結している限り同サービスを無料で利用できる。

(Aries)