写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プラネックスコミュニケーションズはは6月20日、VPN接続により、世界中のどこからでも日本国内と同じWebサービスを利用できるようにするルータ「どこでも日本 VPN(MHC-VM1)」を6月24日より発売すると発表した。提供価格は1年間のサービス料金込みで2万9800円(税別)。

海外ではインターネットが日本と同じようには使えない国や一部のサイトに制限をかけるホテルなどがあるが、難しいVPNの設定や契約が済ませてある同製品を自宅やオフィスのルータとして接続し、海外に持ち出したスマートフォンやPCで簡単なVPN接続の設定をするだけで、世界のどこからでも日本にいる時と同じようにWebサービスが利用できるようになる。

海外から日本のWebサービスを使用するだけでなく、NASやファイルサーバーに保存されたデータを取り出したりすることも可能。また、同製品1台で、同時に5台までのスマートフォンやPCなどの機器が接続できる。

(Aries)