映画『ザ・ビートルズ』人気バンド・ビートルズはどのようにして生まれたか?

写真拡大

映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』が、2016年9月22日(木・祝)より角川シネマ有楽町、TOHOシネマズ新宿ほか全国の100館以上で公開される。

ベースとなているのは、ビートルズが世界の賞賛を得たキャリアの第一期。リバプールのキャバーン・クラブ時代の初期から、最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までのツアーの様子を描く。

映画『ザ・ビートルズ』を通して、メンバー4人の中で、どのよう意思決定がなされ、楽曲が作られ、そしてキャリアを構築したのか、といったグループ内の仕組みをはじめ、彼らのユニークな音楽の才能や、突出していて補完しあう個性に迫る。

さらに、ザ・ビートルズは、当時の世界中の人々の大衆文化に対する見方やその消費のかたちを変えた文化的変革の触媒であった。今作では、社会的、政治的コンテクストにも焦点を当て、ビートルズの音楽的な側面だけに留まらず、彼らが社会にもたらした影響までもを探っていく。

監督を務めるのは映画『アポロ13』のロン・ハワード。制作には、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノ・レノン、そしてオリヴィア・ハリスンも全面協力している。

■ストーリー
イギリス・リヴァプールのキャバーン・クラブで活動を始めたビートルズは、1961年から62年にかけてイギリスの音楽シーンに華々しく登場し、1963年の終わりにはヨーロッパ・ツアーを開始。そして翌1964年2月9日、アメリカの人気テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演したことで全世界的に人気を爆発させた。同年6月に入ると、バンドは初のワールド・ツアーをスタート。以後2年間は過酷なスケジュールをこなし続け、ツアー活動を停止した1966年8月の時点で、バンドは世界15ヶ国90都市で、166回のコンサートを行っていた。こうしたツアーに助長されて生まれた「ビートルマニア」と呼ばれる社会現象は、それまで世界が1度も目にしたことのなかったもので、文化のグローバル化が始まるきっかけとなった―。

【詳細】
『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』
公開日:2016年9月22日(木・祝)
監督:ロン・ハワード
出演者:ザ・ビートルズ
配給:KADOKAWA
©Apple Corps Limited. All Rights Reserved.


[写真付きで読む]映画『ザ・ビートルズ』人気バンド・ビートルズはどのようにして生まれたか?

外部サイト

  • 映画『GANTZ:O』×泡パ、渋谷クラブasiaで開催 - 映像やGANTZ球の巨大バルーン
  • 「東京味わいフェスタ2016」丸の内、有楽町、日比谷で開催 - 世界各国の郷土料理を東京産食材で
  • 映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』メリル・ストリープ&ヒュー・グラント主演