画像

写真拡大

 GMOコマースの店舗集客サービス「GMOチェックイン」とNTT東日本が提供する「O2Oクラウドサービス」が連携。これにより、Beaconでの来店検知に加え、Wi-Fiでの来店検知が可能となった。

 O2O(Online to Offline)支援事業を展開するGMOコマースは6月20日、成果報酬型の店舗集客サービス「GMOチェックイン」とNTT東日本が提供する「O2Oクラウドサービス」の連携、そしてGMOチェックインにWi-Fiでの自動チェックイン機能を追加したことを発表した。

 これにより、Beaconでの来店検知に加え、Wi-Fiでの来店検知が可能となり、検知対象ユーザーの拡大が可能になった。

MarkeZine編集部[著]