中国では今なお反日感情を抱く人が存在する。こうした人びとは日本製品や日系車を「目の敵」にする傾向があるが、その一方で中国で日系車の販売が好調であるのも事実だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では今なお反日感情を抱く人が存在する。こうした人びとは日本製品や日系車を「目の敵」にする傾向があるが、その一方で中国で日系車の販売が好調であるのも事実だ。

 中国メディアの東方網はこのほど、多くの中国人は「国産を支持する」、「日系車は不買だ」と叫びながらも、日系車の販売が非常に好調であるのが現実だと主張、なぜ中国人は日系車を購入するのかと疑問を投げかけた。

 記事はまず、日系車に対して「認めなければならない点」として、エンジン性能の高さや技術力の高さ、静音性の高さ、トラブルの少なさ、燃費の良さを挙げ、特に中国はガソリンの価格が高いため、「日系車の燃費の良さは非常に喜ばれている」と論じた。

 特にエンジン性能については、「中国自主ブランド車が短期間では到底追いつくことのできない水準にある」としたうえで、中国メーカーもエンジンの研究開発に取り組んでいるが、日系車のエンジンにとって「何ら脅威となっていない」と論じた。

 また、中国の愛国者たちが支持を叫ぶ中国自主ブランド車には多くの車種で日本メーカーのエンジンが搭載されている可能性を指摘したうえで、愛国者たちの矛盾を指摘した。さらに、日系車の安全性については「何を言っても愛国者に罵られることになる」とし、詳細は語らなかったものの、各種客観的なデータや中国市場の売れ行きを見れば分かるはずだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)