なんと5人に1人の嫁が被害に!「姑が吐いた」ありえない暴言4選

写真拡大

あなたは、お姑さんとの関係は、うまくいっていますか?

昔から“嫁姑問題”と言われるように、嫁姑との関係が悪いのも珍しい話ではありません。そして、姑が意地悪な場合には、暴言を吐かれ苦しむ女性がいるのも事実。

『WooRis』が353名の既婚女性に「これまでにお姑さんから嫌みを言われたり嫌がらせを受けたりしたことがありますか?」と聞いてみると、驚きの18.7%つまり5人に1人の女性が姑から暴言を吐かれた経験があったんです……。

そこで今回は、『WooRis』の独自調査結果をもとに、実際にお姑さんが嫁に吐いた暴言を4つ選んでお伝えします。

 

■1:孫の欠点を嫁のせいにする

まずご紹介する暴言は、「孫の好き嫌いが多いのをママのせいだと、遠まわしに言われた」という女性のコメントです。

子育てをしている中で、方針が異なったり姑の思うような子どもに育っていなかったりするときには“ママのせい”つまり、嫁のせいにする姑もいるようです。

子どもの前で“ママのせい”発言をすれば、聞いている子どもだって気分がいいわけはありませんよね。

 

■2:嫁の実家に失礼な発言

続いてご紹介するのは、「結婚が早かったのですぐ離婚すると思われたのか、離婚した実母のいる前で“結婚しても失敗(離婚)したらどうするの? 恥ずかしくて親戚にも言えないわ”と言われた」というエピソード。

近年では3組に1組の夫婦が離婚しているというデータもあり、両親が離婚しているケースも珍しい話ではありません。

事情を知らずに一方的に離婚を失敗と決めつけられるのは、悲しいですよね。

 

■3:仕事をする嫁を認めない

そして、次にお伝えするのは「外で働くのは家の恥だと言われた」というパターンです。

古来からの、“女性は仕事をせずに家にいるべき”という価値観が強いお姑さんだと、嫁が働いていることを理解できないケースもあるようです。

今の時代、夫婦共働きや、“主夫”といった夫が家業に専念する家庭もあるので、時代の変化を理解してもらいたいところです。

 

■4:子離れできていない

また、最後にご紹介するのは「自分のほうが料理が上手だとか、夫が食器洗いを手伝ってくれてるのを見て“まあ、こんなことまでさせられてるの!”って言われました」というエピソードです。

嫁と張り合うような発言をする姑も一部にはいるようです。料理や家事などで嫁と張り合い、自分のほうが勝っていると主張したがるのは、子離れできてない証拠かも。

息子を大事に思いすぎて過保護になり、このエピソードのように家事をしているだけで「そんなことまでさせられている」という発言になってしまうのかもしれません。

 

いかがでしたか?

姑さんと良好な関係を築きたいのに、傷つく言葉をはかれてしまったら、距離を縮めるどころか、倦厭(けんえん)してしまいますよね。あまりに心が痛み辛いようでしたら、旦那に相談して、解決策を一緒に考えましょう。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 3位勝手に貴重品を触るに圧勝!嫁が「もっとも許せない姑の行動」1位は

※ 3位性生活、2位姑より気が重い…「夫が妻と話すとゲンナリする話題」1位は?

※ 3位姑、2位嫁「嫁姑問題で夫はどちらに味方するのか?」衝撃的な1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

※ 9割が効果を実感!辛い食事制限ナシの「青汁ダイエット」が話題

※ 短期間で-8kgも夢じゃない!? 夏前の裏ワザダイエット

 

【姉妹サイト】

※ 違うのに…!どうしても「夫へのイライラ」が止まらない妻への処方せん

※ 3位見下してくる…「こいつとはママ友になりたくない!」1位2位は

 

【画像】

※ file404 / Shutterstock