「麦めし」専用メニューの搭載で、「健康美食」をお届け!

写真拡大

タイガー魔法瓶は、好評の可変W圧力や「どこから見ても美しい360°デザイン」を踏襲。新たに「麦めし」専用メニューを搭載した圧力IH炊飯ジャー「炊きたて JPB‐R型」を、2016年6月21日に発売する。

もっちり、しっかり食感の「可変W圧力炊き」は、炊きあげ時に1.25気圧の圧力をかけて、ねばりともちもちした弾力を引き出し、炊きあげ直後に1.05気圧まで減圧して高温炊きあげで、ごはん粒を炊きしめ、べたつきを抑えたしっかりとしたごはん粒に仕上げる。

土鍋の蓄熱性に迫る「遠赤特厚釜3ミリメートル」の土鍋コーティングを内なべに施し、その遠赤効果で、土鍋で炊いたような細やかな泡立ちで沸とうし、ふっくらしたごはんを炊きあげる。

「麦めし専用」メニューは、大麦の特性に合わせた独自の炊飯プログラムでニオイを抑えて、毎日続けられるおいしさを実現。無理なくはじめられる「麦1割」と健康効果が高いとされる「麦3割」を選べる麦専用計量カップや、内なべに麦めし専用水目盛を採用することで、おいしい麦めしを簡単に炊きあげる。

背面の出っ張りをなくして360°どこから見ても美しいフォルムに仕上げた「360°デザイン」、フレーム部分のお手入れをしやすくした「お手入れシボフレーム」を採用したほか、おねばやごはん粒がつきにくく、はがれやすい加工を施した。また、ごはんをしっとり保温する「つや艶内ふた」も採用。おひつに入れたときのようにおいしさを維持する。

「JPB‐R100」は5.5合(0.18〜1.0リットル)炊き。「JPB‐R180」は1升(0.36〜1.8リットル)炊き。

色はホワイト。

オープン価格。