19日、中国の消費者の約7割が中国産の健康食品に不満を抱いていることが分かった。資料写真。

写真拡大

2016年6月19日、中国の消費者の約7割が中国産の健康食品に不満を抱いていることが分かった。中国新聞網が伝えた。

中国消費者協会が発表した健康食品に対する消費者認知度調査によると、消費者の約7割が中国産の健康食品に不満を示したほか、中国産ではなく外国産のものを選択すると答えた人も40.98%に上った。また、27.59%が国産の健康食品について「効果がない」と認識していることも分かった。(翻訳・編集/柳川)