リンクトインの身売りがソーシャルメディアの今後に及ぼす影響

写真拡大

ビジネス向けSNSリンクトイン(LinkedIn)が先週、262億ドル(約2.7兆円)でマイクロソフトに”身売り”した。この買収により、なぜマイクロソフトがソーシャルメディア事業に参入したのか、ソーシャルメディアの未来が変わるのではないかという疑問が浮上している。

今回は、リンクトイン買収の背景とソーシャルメディア界全体にもたらし得る影響を検証する。

買収の理由は?

マイクロソフトがリンクトイン買収を決めた主な理由は、同社が成長産業のビジネスを必要としているからだ。ツイッターやフェイスブックは規模が大きすぎて買えない、または相手側に売却の意思がないため、リンクトインが最も理にかなった選択となった。

それだけではない。リンクトインのデータベースを活用したり、機能を自社製品に活かしたり、リンクトイン傘下のオンライン学習サービス会社リンダ(Lynda)を通じた事業をするなどもその理由に挙げられる。

しかしマイクロソフトが今後、リンクトインの業績を上向かせるのは簡単なことではない。SNS大手の一つではあるものの、リンクトインは依然としてユーザーの拡大にも、ユーザーのアクティブ率においても苦戦している。

ソーシャルメディアが苦慮する「収益化」

各ソーシャルメディアは常にサービスの収益化に苦心している。リンクトインもこれまでにさまざまな新機能を試してきたが、インフルエンサー(各業界のリーダー)をフォローできるサービスやマスマーケティング・キャンペーンなど一部の試みは失敗に終わった。

業界横断的な買収はトレンド?

リンクトインの身売りが招いた興味深い結果の一つが、ツイッターの株価上昇だ。この理由について一部には、ツイッターが身売り先を見つけられる可能性が高まったと株主たちが確信したからだという憶測がある。

今回の展開を受けて、類似はしているものの異なる業界の大手企業がソーシャルメディアを買い取り、自社事業に統合させる動きが活発化する可能性がある。

迫られる変化

検索サービスがグーグルの主な収益源ではないのと同じように、ソーシャルメディアの主な収益源は”共有”ではない。”ソーシャル(社交)”は今後もソーシャルメディアの中で大きな位置を占め続けるが、今回の買収は、その収益化が十分な規模に達しなかった場合に何が起こり得るのかを示している。

次に買収される危険があるソーシャルメディアの一つがツイッターだ。自社の立ち位置をなかなか確立することができずに収益化に苦労してきた。140文字という制限も新たなユーザー獲得には結びつかずに緩和された。

フェイスブックはまた異なり、同社はグーグル式の方法で人や企業の宣伝活動を手助けすることで収益をあげている。それが、人々がフェイスブックに登録する理由となっており、活発な利用を維持させている。

ソーシャルメディアは変化していく。なぜならば単純に、変化しなければならないからだ。各社は今後、いかに収益を上げるかをさらに意識しなければならなくなるだろう。

リンクトイン買収は「結果」ではなく「症状」

リンクトインの身売りは、ひとつの時代の終わりを示すものではない。既に起こったことの”症状”だ。ソーシャルメディアは、もはや一時の流行ではなく、人々が関心を持つ対象ではない。当初は目新しいものとして注目を集めたが、今は”中身”が求められている。

独自の立ち位置を確立できない、あるいは既存市場でのリーディングブランドになれなければ、人々はソーシャルメディアから離れていく。その時に買収劇が起こるのだ。

近い将来に、ソーシャルメディアの買収が立て続けに起こることはないだろう。だがツイッターなどがさらされている脅威は、頭の隅に置いておく価値がある。リンクトインが今後どのような運命をたどることになるのかが、注目されるだろう。