ダイエット中に好きなだけ食べてイイ!? 噂の減量法「チートディ」とは

写真拡大

夏に向け薄着になっていくのに、私のこのお肉、何とかならないかしら……。多くの女子が脇腹や背中の憎き贅肉をつまんでは、溜め息をつくこの季節。

何とかして痩せたい! でも食べるの大好きだし、我慢は嫌……そんなワガママちゃんがこの方法を見つけたら、飛びついてしまうかもしれません。

ダイエット中にたくさん食べてもいい日を設ける減量法があるって、知っていましたか? その名も、“チートディ”。

でもこの方法、やっていい人といけない人がいるのです! 知る人ぞ知る、チートディ。その実態を、ボディビルダーによる著書から探ります!

■そんな夢みたい……ダイエット中なのに、たくさん食べてもいいの!?

チートディ。筋力トレーニングに興味がある人なら、聞いたことがあるかもしれません。

『リバウンド知らずの”脂肪撃退”マニュアル 除脂肪メソッド』(ベースボール・マガジン社)では、ボディビルダーである岡田隆氏がカッコよく美しい体を目指す人へ、ダイエットならぬ“除脂肪”の方法を紹介しています。

その中ではチートディについてもページが割かれていて、“減量のひとつのテクニック”だとしたうえで、このようにあります。

<(除脂肪を進めていくと)体重が変動しない、いわゆる停滞期に突入するので、そのタイミングでチートデイを設定してあげると、刺激を受けて再び代謝が上がってくるというわけです。>

で、そのチートディっていったい何をするのかというと……「食べる」のです。それも、たくさん! でも本当に何をどれだけ食べてもいいの!?

<チートにもグレードがあって、本当に何を食べてもいいとする人もいれば、炭水化物だけ増やす人もいるし、(中略)細かな設定は、個人の自由です。>

ダイエット中に自由に何を食べてもいい……何それ、夢みたい! 早速やる! そう思ったあなた、残念ながらあなたにはその資格がないかもしれません!

■気軽に取り入れてはキケン! チートディを取り入れていい人とは

ボディビルダー監修の本なだけあり、同書は筋力アップの事細かな指導に加え、食事管理やサプリメント活用まで、真剣に体づくりに向き合う方法が伝授されていますが、週1回を目安にするというチートディに関してこう断言しています。

<残り6日を頑張っている人にこそ効果あり!>

チートディの「チート」は「騙す」という意味。

節制した量の食事内容に慣れてしまった体を、たくさん食べる日を設けることで“騙す”。先述のように、それが刺激となって効果を発揮するというロジックなので、普段から計画的に運動や食事制限をしている人でないと意味がないのです。

「昨日はケーキを我慢した」「今週はけっこう歩いた」といったゆるーい“万年ダイエッター”が無計画に手を出すのは、絶対NG。

だって、それじゃただの“ドカ食いディ”になってしまう。後で泣きを見るのは、火を見るよりも明らかです。

以上、噂のダイエット法“チートディ”についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

ストイックなダイエッターじゃないとやっちゃダメなんて……じゃ興味なし!と打ち捨てる前に、今年は夏に向けて本格的な筋力トレーニング! と一念発起してみるの、いかがです!?