基本機能を押さえつつ高いユーザビリティ

写真拡大

au(KDDI)は、シャープ製スマートフォン「AQUOS U(アクオス・ユー) SHV35」を2016年6月下旬以降に発売する。

スリムな薄型軽量ボディに容量3010mAhバッテリーを内蔵し、タッチパネルの高精度化や省電力化を実現した約5.0型(1280×720ドット)「IGZO」液晶ディスプレイなど省エネ技術「エコ技」により、購入時の設定のままでも電池切れを気にせず長時間使えるという。動作や機能を一部制限してバッテリーを長持ちさせる「長エネスイッチ」を搭載する。

端末を持ち上げるだけで画面を表示する機能や、満員電車の中などでウェブやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を閲覧する際に自動でスクロールする「スクロールオート」、手首をひねると直前に使用していたアプリに戻る「ツイストマジック」などの機能を備える。

ユーザーにタイミングよく話しかけてくれるAI(人工知能)「エモパー4.0」は、健康維持やダイエットをサポートする「エモパーヘルスケア」に対応。

OSは「Android 6.0」、メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB。microSDXC(最大200GB)メモリーカードをサポート。約1310万画素メイン、約500万画素サブカメラを搭載。IPX5/8相当の防水、IP5X相当の防塵性能を備える。

カラーはミントブルー、シルキーホワイト、エレガントブラックの3色。