アディダス、「メイド・イン・ドイツ」への回帰と「インダストリー4.0」

写真拡大

アジアへの移転から20年。消費地の近くでトレンドをいち早く捉えて迅速に製品を送りだすために、アディダスは再びヨーロッパに生産拠点を置く。可能にしたのはロボットによるオートメーション化だ。

「アディダス、「メイド・イン・ドイツ」への回帰と「インダストリー4.0」」の写真・リンク付きの記事はこちら

1949年にドイツの靴職人アドルフ・ダスラー(通称アディ)が設立した靴会社が、いまの「アディダス」だ。

その少し前まで、アディは弟のルドルフとともに設立した工場で働いていた。共同経営者だったルドルフは厳しい競合相手として「ルーダ」を設立した。ルーダはその後、「プーマ」と改名された。

しかし、経営は手を離れ、製造拠点はアジアに移った

恐ろしいネコ科マークのプーマは、三つ葉と平行線ロゴのアディダスに対して常に優勢だったようだ。

1990年にはアディダスはダスラー家の手を離れ、フランス人企業家ベルナール・タピがその経営権を握ることになった。さらに3年後には、タピの友人でフランスのプロサッカークラブ、オリンピック・マルセイユの株主、ロベール・ルイ・ドレフェスの手に渡った。

その年、アディダスはドイツの10の工場のうち9を閉鎖して、当時の基準でははるかに経済的だったアジアへ、その生産を移した。中国とヴェトナムでの「平穏な生活」は、20年以上続いた。

工場も市場のスピードについていかなければならない

しかし、今日ではアジアの労働コストはもはや、さほど好条件ではなくなった。テクノロジーと自動化によって、アディダスは生産を自分の手に取り戻せることになった。バイエルンのアンスバッハが、新たな生産の拠点だ。

とはいえ、ドイツの失業者たちがビールの栓を抜き祝杯を上げられるとは断言できない。生産拠点となるその6,400平方kmの工場では、ほとんどすべての作業がロボットによって行われるだろうからだ。

RELATED

たしかに人間の手も必要だ。機械を準備し管理し、制御するためだ。確かに、実際に工場を動かすための人手として、160人の雇用が生まれたと推測されている。とはいえ、この数字が意味するのは、かつて工場がそうであった規模ではない。

CEOのヘルベルト・ハイナーは、これを「Speedfactory」という言葉で説明している。「スポーツにベースをおく企業として、わたしたちは常にスピードが勝利することを知っています。そこでわたしたちは、「スピード」を、わたしたちのビジネス戦略のキーファクターとしました。世界は常に変化します。人々は新しいものを求めます。Speedfactoryは、まさにそれを提供するのです」

この工場での生産は、2017年にフル稼働に入るとされている。今年中には試験運転が始まり、最初の500足のシューズが製造されるだろう。ハイナーとともにPR担当のカティア・シュライバーも、数多くのメリットがあると強調する。

aflo_OWDG224045

CEOのヘルベルト・ハイナーは1954生まれ。P & Gでセールスマネジャーなどを務めたのち87年にアディダス入社。2001年よりCEOに就任している。PHOTO: REUTERS/AFLO

こうしたモデルは、いまやアディダスに限った話ではない。ターゲットとなる市場へ生産拠点を近づけ、時間を短縮し、輸送コストをなくそうというのだ。これによって販売業者は顧客のトレンドとニーズを素早く捉えられる。狙いを絞った注文を本社へと送り、行き先も不確かな大量の在庫で倉庫をあふれさせることもない。

アディダスは「第4の産業革命を担えるか

それでは、現在アジアで雇用されている100万人の労働者たちはどうなるだろうか? いまのところは、維持されるのだろう。ハイナーは、この動きが目指すのは完全なオートメーション化の達成ではなく、人間の作業をロボットの作業で支援することにあると断言した。

aflo_TBEB023273

アディダスは2012年7月には蘇州工場を閉鎖している。これによって、中国国内の工場はゼロになった。PHOTO: IMAGINECHINE/AFLO

とはいえ、2015年に3億100万足の靴を製造した同社が2020年に向けて設定した成長目標を達成するためには、毎年さらに3,000万足を生産しなければならない。

この目標は、高い確率で達成されるだろう。アディダスは2017年に第2のSpeedfactoryを米国でも立ち上げ、さらにヨーロッパでも他の工場がこれに続く予定だからだ。

「Speedfactoryにより、わたしたちは産業に革命を起こすでしょう」と、ハイナーは宣言した。ドイツでは(正確には2011年のハノーファー・メッセの見本市では)、「インダストリー4.0」、すなわち第4の産業革命のコンセプトが生まれている。データを集め、その分析をもとにしたデジタル革命は、人間と機械の関係を再定義するだろう。そして、アディダスはなんとしてもその模範例になろうとしているのだ。