18日、マレーシアの総人口に占める中国系住民の割合が、現在の24%から2040年には18%に減少する見込みだ。写真はクアラルンプールの中華街にあるプタリン通り。

写真拡大

2016年6月18日、中国新聞網によると、マレーシアの華人団体・馬華公会(MCA)の廖中莱総会長は、マレーシアの総人口に占める中国系住民の割合が、現在の24%から40年には18%に減少する見込みだと明らかにした。

【その他の写真】

廖会長は16日夜、中華総商会クアラ・カンサー支部のパーティーで挨拶し、マレーシアの中国系住民減少の背景には、出生率の低下や海外への移住増があるとした上で、MCAはイスラム法のより厳格な適用に断固反対すると述べ、中国系コミュニティーからイスラム政党を排除し、今後マレーシアが原理主義国家になることに反対するよう呼び掛けた。

マレーシア国民は、主にマレー系、中国系、インド系の3つの主要民族で構成されている。人口3000万人のうち約24%を中国系が占めているが、マレーシアでは、全マレーシア・イスラーム党(PAS)がイスラム法の改正案を国会に提出するなど、宗教的な保守化の動きが出ており、中国系を含む現地の非ムスリム住民の間に不安と反発が広がっている。(翻訳・編集/岡田)