膵臓がんと肺がんを悪化させるタンパク質 大阪大学の研究グループが発見

ざっくり言うと

  • 膵臓がんと肺がんを悪化させるタンパク質を、大阪大の研究グループが発見
  • Dkk1と呼ばれるタンパク質ががん細胞増殖に関わっているという指摘はあった
  • CKAP4と呼ばれるタンパク質と結合して作用することが初めて分かったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング