20日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で野々村真が、美容整形を繰り返すことで知られるタレントのヴァニラに、辛らつな一言を浴びせる一幕があった。

番組では「美容整形に怒れる女たちが本音を激白」と題し、坂上忍や野々村らが、怒れる整形女子と命名されたパネラーの女性たちが持つ「怒り」を聞いた。その中で、全身整形を公言しているヴァニラは「あばら骨を取りたいのに医療技術がついてこない!」と訴えた。

ヴァニラによると、日本ではウエストを絞るための「あばら骨を取る施術」を受けられないのだとか。海外ではやっている人もいるが、日本では技術待ちの状態だというヴァニラの訴えに、ほかの出演者も驚きの声をあげた。

そんなヴァニラに対し、野々村が突然「あの、申し訳ないけど」「僕ね、ヴァニラさんに、テレビ出てほしくないの」と辛らつな言葉を放った。静まるスタジオの中で、野々村は「ヴァニラさんに憧れてる人が沢山いるんですよ、世の中に」 「ということは、ヴァニラさんがこういうことができちゃったら、同じようにマネする子がきっと出てくると思う」と、美容整形のやり過ぎを危惧する主張をはじめたのだ。

続けて野々村は「これだけ整形して、体に良いわけがない」「色んな人の命が失われるようなことがあったら、大変」と力説した。

すると、ヴァニラは「私も危険なのは嫌なんで、健康なままで美しくなりたいから、そこは(美容整形外科の)先生と話し合って、命の危険とか、将来的に支障が出るものは一切やってないです」と反論。

しかし、野々村は「いや、それだけ(整形を)やってて。前例がいないわけだから、保証できないはずだと思うんですよ、絶対」と迫ると、ヴァニラは「保証できないことは日本では認可されないと思います。厳しいんで」と持論を展開。すると、野々村はさっきまでの勢いを失くし、黙ってしまったのだ。

ここで、議論に耳を傾けていた坂上が、野々村に「タレントだったらさ、そこで引いちゃダメなんじゃないの?」「ゲストで来ていただいた方に、テレビ出るなって言っておいてさ」と厳しいダメ出しを入れると、ほかの出演者は一斉に大ウケ。さらに、コーナー司会のブラックマヨネーズ・小杉竜一も「確かに何回かのラリーで言い負かされましたけど」「惜しかったですけどねぇ」と野々村にツッコミを入れて、笑いを誘っていた。

【関連記事】
坂上忍 途中で猫を飼いきれなくなった野々村真を批判「最低だよ!」
ミッツ・マングローブが整形を告白するも辛らつな評価「それで?」「無駄」
坂上忍が「バイキング」の生放送中に野々村真の頭に水をぶっかける