fuk201606200200_1

写真拡大 (全3枚)


リーガロイヤルホテル(大阪)では、各店で、夏ならではの涼感あふれる「夏の麺」が続々登場予定。

まず注目したいのが、フランス料理「レストラン シャンボール」で食べられる「鱧の冷製カッペリーニ オーストラリア産黒トリュフの香り」(7484円)。夏の風物詩「鱧(はも)」を贅沢に使用、さらにトッピングだけでなくドレッシングにもトリュフを使った一品。7月6日(水)からの期間限定メニュー。


「オールデイダイニング リモネ」では、「海の幸の茶そばサラダ」(1900円)がおススメ。海老・蟹・帆立貝と茶そばを、伝統のマヨネーズベースのドレッシングで食べる定番の人気メニューだ。これは通年で食べられる。


さらに、アネックス7階にある「イタリアンレストラン ベラ コスタ」で食べられるのが「雲丹の冷製パスタ“カッペリーニ”」(2970円)。さっぱりとした酸味と雲丹の風味がカッペリーニに程よく絡むベラコスタ夏の定番メニュー。7月1日(金)から。

これで今年の夏は、夏バテ知らずで過ごせそう!?